REVERSE ANGLEBACK NUMBER

たかが34分の1勝、されど大きい――。
浦和が開幕戦に乗せた“トッピング”。 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byHiroshima Central Images

posted2013/03/06 10:30

たかが34分の1勝、されど大きい――。浦和が開幕戦に乗せた“トッピング”。<Number Web> photograph by Hiroshima Central Images

「ピッチの中で血を流してでも浦和レッズの勝利のために頑張っていきたい」と試合前に語っていたレッズの森脇良太は槙野智章、永田充との3バックで佐藤寿人をシュート1本に抑えた。

シーズン中の1勝という以上の価値を手に入れたレッズ。

 敵地で、短くパスをつなぐ相手の得意のサッカー(ペトロビッチの戦術という点では兄弟みたいなものだが)をやりきり、相手のエースを完封して勝つ。開幕の号砲一発。それができれば、今年のシーズンは特別なものになるだろう。

 新聞では4日前のACLでも同じような戦術を試みたがうまく行かなかったと指摘されていた。開幕戦でそれができたのは、相手を研究していたこともあるが、勝たねばという動機の強さがあったからだろう。

 長いシーズンのなかのひとつの勝利、という以上のものをレッズは手に入れた。

 いや、自分でたっぷりトッピングを乗っけて、大事な意味のある勝利にしたというべきか。

関連記事

BACK 1 2 3
サンフレッチェ広島
浦和レッズ
ミハイロ・ペトロビッチ
槙野智章
柏木陽介
森脇良太
原口元気
佐藤寿人

Jリーグの前後の記事

ページトップ