JリーグPRESSBACK NUMBER

家長昭博と本田圭佑は中学から心友。
ホンマのケンカと、海に行ったり。

posted2018/12/27 10:30

 
家長昭博と本田圭佑は中学から心友。ホンマのケンカと、海に行ったり。<Number Web> photograph by AFLO

日本代表時代の一コマ。本田圭佑と家長昭博、1986年6月13日生まれの2人が描くキャリアは数奇だ。

text by

塚越始

塚越始Hajime Tsukakoshi

PROFILE

photograph by

AFLO

 2018年の各賞を表彰する「Jリーグアウォーズ」で、家長昭博が年間最優秀選手賞に選ばれた。その表彰の際、サプライズとして祝福メッセージを寄せたのが、本田圭佑だった。

「久しぶり! アキが年間最優秀選手賞を受賞したということで、『家長選手がMVPを獲る可能性があるのでメッセージを下さい』と言われました。アキが選ばれなかったらこのメッセージはどこへ行くんやろ? とは思いますが。これが流れているということは、選ばれていることですから、おめでとうございます」

 2001年までの3年間、2人はガンバ大阪ジュニアユースでチームメイトとして過ごした。その後、家長はG大阪ユースを経て高校2年でトップチームへ、そして本田は星稜高校を卒業して名古屋グランパスに進む。

 ユース以降、2人が顔をそろえるのは世代別の日本代表だった。大熊清監督(現・C大阪チーム統括部長)のもとU-20日本代表として、そして反町康治監督の率いた北京五輪世代の代表チーム(U-21~U-23代表)で、ともに戦った。

「運命を感じる選手です」

 ビデオメッセージで、本田は家長に次のように呼びかけた。

「全然連絡してこないので、たまには連絡ください。サッカーに集中して川崎のために頑張っているのは分かっていますが、たまには古い友人にも連絡して、会いに来てください。昔の話でもしましょう。アキだけでなく、チームメイトの皆さんも活躍されていたと聞いています。川崎フロンターレの皆さん、優勝おめでとうございました。来年も魅力のあるパスサッカーを見せてください。楽しみにしています」

 このメッセージを聞いた家長の返しの一言も効いていた。

「僕より喋っていますね」

 そして「でも本当に行きたいと思いますよ」とも続けた。MVPの選手に、会いに行く、ではなくて、会いに来いよ、というのも、なんとも本田らしかった。

 それに対して家長は「中学の3年間、本当にいつも一緒にいて、たまたま生年月日も一緒で、運命を感じる選手です」と、そのメッセージを喜んだ。

【次ページ】 天才・家長と必死に追う本田。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

家長昭博
本田圭佑
川崎フロンターレ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ