オリンピックへの道BACK NUMBER

ノルディック世界選手権プレビュー。
“道具”の差にめげず奮闘する選手達。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/02/11 08:01

ノルディック世界選手権プレビュー。“道具”の差にめげず奮闘する選手達。<Number Web> photograph by KYODO

2月2日、来年の五輪の舞台であるソチでのワールドカップの女子距離複合で力走する石田正子。今季は1月のフランス・ラクルーサでの女子10kmでの4位が最高。年明けになってしり上がりに調子を上げている。

大きなハンデのある中で世界と戦う日本人選手達。

 渡部は、昨年のワールドカップでジャンプのルール変更への対応に苦しんだが、年明けは2戦続けて表彰台に上るなど、調子を上げてきた。渡部を中心に、団体戦での戦いも楽しみなところだ。

 そしてジャンプでは、伊東大貴。

 昨シーズンはワールドカップで4度優勝するなど、日本ジャンプ復活の兆しを感じさせる好成績をおさめた。今シーズンは膝の故障で出遅れたが、どこまで本調子に戻ったのかがポイントになる。また、ソチ五輪から採用される女子のジャンプでも、今シーズンのワールドカップでたびたび優勝している高梨沙羅らがいる。

 潤沢ではない活動資金をはじめ、ハンデのある中でも選手、スタッフともに上位を目指してきた。

 その熱意が実る大会であることを祈りたい。

関連記事

BACK 1 2 3
清水礼留飛
石田正子
伊東大貴
高梨沙羅
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ