Jリーグ万歳!BACK NUMBER

ロンドンで輝くU-23代表の陰で、
“落選組”大迫、原口らが見せる意地。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/08/03 10:31

ロンドンで輝くU-23代表の陰で、“落選組”大迫、原口らが見せる意地。<Number Web> photograph by AFLO

チームの中心であり続けながら、最後の最後にロンドン切符を手に入れられなかった大迫。エリート街道を歩いた彼は、最初の挫折を糧にすることができるか。

U-23世代にとって五輪はあくまでも通過点である。

 7月7日、落選後の初戦となった鳥栖戦で2得点を記録した原口は、試合中に思わず感極まり、悔し涙を流した。

「僕は浦和で輝く」

 大迫と同様に、原口も“ここ”を強調した。

 北京五輪で惨敗を喫したメンバーが現在のA代表の中核を担っていることから分かるとおり、この世代にとって五輪という舞台は一つのきっかけでしかない。種類は違えど、勝って得るものも、負けて得るものもある。だからおそらく、落選して得るものもある。

 何より大切なことは、あらゆる経験とそこで得られた感情を自身のパワーに変えられるか否かだ。

 もちろん、大迫や原口だけではない。落選という現実を突き付けられたすべての選手にとって、Jリーグはそれぞれの思いを発散する場となればいい。

 ロンドン五輪後、別れを惜しむほど仲のいい同年代の組織は解体して、次なる世界の舞台を見据えた個人戦が始まる。Jリーグ後半戦のピッチに入り混じる、それぞれの気持ちを目にするのが今から楽しみでならない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大迫勇也
清武弘嗣
権田修一
永井謙佑
比嘉祐介
関塚隆
原口元気
浦和レッズ
鹿島アントラーズ
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

Jリーグの前後の記事

ページトップ