Jリーグ万歳!BACK NUMBER

ロンドンで輝くU-23代表の陰で、
“落選組”大迫、原口らが見せる意地。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/08/03 10:31

ロンドンで輝くU-23代表の陰で、“落選組”大迫、原口らが見せる意地。<Number Web> photograph by AFLO

チームの中心であり続けながら、最後の最後にロンドン切符を手に入れられなかった大迫。エリート街道を歩いた彼は、最初の挫折を糧にすることができるか。

 ロンドン五輪で快進撃を続けるU-23日本代表の選手たちは、以前からずっと「仲の良さ」がこのチームの最大の特徴であり、ストロングポイントであると口にしている。

 例えば6月、清武弘嗣の弁。

「ひとことで言うと、仲が良すぎる集団っていうんですかね。みんな、ホントに仲がいいんですよ。チーム内で誰かが浮くとか、そういうことが一切ない。めっちゃいいチームですね。このチームがどのくらい成長するのかが楽しみだし、世界でどれだけできるのかが楽しみ。だから正直、五輪で解散するのが寂しいんですよ」

 例えば2月、権田修一の弁。

「みんな“自分”を持っていて主張するけど、お互いのことを理解し合っているから問題にならない。流れの悪い時にそういう部分がどっちに転ぶかが課題だと思うんですけど、そこさえクリアできれば力を出せる。力を出せれば、勝てると思うんです」

 さらに3月、永井謙佑も同調する。

「自分は年上のほうですけど、特に気を遣うこともないですね。どんな集団でも、ある程度グループってできるじゃないですか。このチームはそういうのがなくて、みんなまんべんなく仲がいい。みんなでワイワイ。そういう感じなんです」

 それから最後に、再び清武。

「もしチームの雰囲気が緩んでいたら、練習から声を出してピリッとした空気を作りたい。ただ、それはオレだけじゃなくて、チームのみんながそういう気持ちを理解してくれていて、フォローしてくれる。そういうところが、このチームのいいところだと思います」

招集されなかった「アイツらのためにも、結果を残す」。

 チームの基盤を作るアジア予選の段階において、ムードメーカーとして比嘉祐介が果たした役割の大きさは周知の事実である。彼は新しく加わる仲間と決まって同室となり、チームの和に加えるための手助けを惜しまなかった。そこに特化して比嘉の存在価値を語ってはならないが、事実として「比嘉がいたからこそ」と振り返るチームメートは多い。

 さらに、招集はされながら出場機会に恵まれない選手たちも決して腐ることなく、チームはアジア予選や親善試合、遠征を通じて結束力を高めていった。だからこそ、18名の最終メンバーが発表された時に彼らが異口同音に発したのは、夢破れた仲間たちへの気遣いの言葉だった。

「アイツらのためにも、結果を残す」

 そうした思いが、スペインを破り、モロッコを退けたチームの力となっていることは間違いない。

【次ページ】 Jリーグに戻った落選組に気落ちしている暇はない。

1 2 3 4 NEXT
大迫勇也
清武弘嗣
権田修一
永井謙佑
比嘉祐介
関塚隆
原口元気
浦和レッズ
鹿島アントラーズ
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

Jリーグの前後のコラム

ページトップ