日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

ザックも本田も「日本が上だった」。
全て想定内でも勝てなかった豪州戦。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2012/06/13 13:50

ザックも本田も「日本が上だった」。全て想定内でも勝てなかった豪州戦。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

「ハッキリ言えるのは、オーストラリアよりも僕らの方が良いサッカーをしていたということ」と試合後に言い放った本田圭佑。今回ばかりは傲慢ともとられないのでは!?

改めてW杯最終予選の厳しさを教えられた日本代表。

 完全に主導権を握った時にもう1点奪えなかったことが、ドローで終えた要因だと言える。

 ただ、指揮官はそれよりも結果的にPKを与えるきっかけとなったCKのシーンを問題視した。

「PKの前にCKを相手に渡したのは、不用意なバックパスから始まったもの。不用意なシーンはきょう、そのひとつだけだった。しかしそのひとつがPKにつながったのだ」

 この日のオーストラリア戦は、W杯最終予選の厳しさを教えてくれた。

 不可解な笛、ピッチコンディション、そしてミスの代償の大きさ……ホームでの2戦で体験できなかった予選の厳しさを、改めて肌で知ることができたのは大きかったのではあるまいか。

 もちろん、オマーン、ヨルダン相手に大勝して臨んだ日本代表には、アウェーの厳しさを乗り越えるだけの勢いがあった。ゆえに1-1という及第点の結果が少し物足りなく映ったのも事実。

 本田は「オーストラリアよりも僕らのほうがいいサッカーをしていた」と言い切ったものの、「最後まで崩せてはいるけど、(こういう相手に)点を取るにはアイデアが足りなかった。サプライズみたいなプレーが足りない」と次への課題を口にした。

3連戦のMVPを挙げるとしたら、本田圭佑しかいない。

 6月の3連戦を2勝1分け、勝ち点7で乗り切った。得失点差は+9。とてもいいスタートを切ったと言える。本田のように次から次へと、自分たちのチームに欲が出ていることもいい傾向である。

 最後に。

 この3連戦のMVPを挙げるとしたら、やはり本田圭佑しかいないだろう。

 オマーン戦では先制点を奪って流れをつくり、ヨルダン戦ではハットトリックの活躍。そしてこのオーストラリア戦でも前線で激しくファイトし、栗原のゴールをアシストしている。

 本田圭佑は以前の本田圭佑ではない。彼が言うように間違いなく「進化」している。

 そして彼が牽引する日本代表もまた「進化」を続けている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アルベルト・ザッケローニ
本田圭佑
遠藤保仁
内田篤人
栗原勇蔵
香川真司
長谷部誠
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ