Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<元日本代表の両翼論> 都並敏史&名良橋晃 「サイドバック、誰が正解か?」 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2012/06/28 06:02

<元日本代表の両翼論> 都並敏史&名良橋晃 「サイドバック、誰が正解か?」<Number Web> photograph by Asami Enomoto
ザックジャパンの攻守の鍵となるサイドバック。
長友、内田がレギュラーを務めてきたが、
酒井宏、酒井高と新戦力も台頭してきた。
ブラジルW杯まであと2年。果たして下剋上は起こるのか?
元日本代表サイドバックコンビが縦横無尽に語り尽くす。

――最終予選は本田の得点で幕を開けましたが、長友のアシストが見事でした。

都並 もともと彼は走力に優れ、裏へ抜けるタイミングも非常にレベルが高い。ただ、相手DFとヨーイドンで競走してスピードで勝つことが多かった。読みがいい相手だと潰されちゃうわけです。でも、あのオマーン戦の1点目のクロスは、香川、前田がパスを交換している間にワンテンポ置いて、グッとスピードアップした。意図的にスペースを攻略する、次の段階の攻め上がりになってきた。ハイレベルなサイドバックの攻め上がり方に。

名良橋 相手に寄せるスキを与えない、ダイレクトでクロスを上げられるタイミングでした。クロスの蹴り方も変わってきました。

都並 変わったね。左足でボールを持つときに、以前は身体が内側を向き過ぎていたのが、今は外側を向くようになった。それによってクロスが安定して、ニアサイドへもスムーズに上げられるようになりつつある。

名良橋 DFなら「この蹴り方ならニアにくる」という予測をするんですけれど、長友はニアにもマイナスにも上げられますからね。

――右サイドの内田はどうでしょう? 名良橋さんは鹿島のチームメイトでしたが。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4041文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

名良橋晃
都並敏史
長友佑都
内田篤人
酒井宏樹

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ