欧州CL通信BACK NUMBER

見えてきたバルサとレアルの敗因。
欧州CLを去った両雄のシビアな現状。 

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph byMarcaMedia/AFLO

posted2012/05/09 10:31

見えてきたバルサとレアルの敗因。欧州CLを去った両雄のシビアな現状。<Number Web> photograph by MarcaMedia/AFLO

4月21日にあったクラシコ(1-2でレアルが勝利)におけるグアルディオラとモウリーニョ。対戦する時はいつも試合前にグアルディオラからモウリーニョの方へ握手をしにいっていた。

悲願の「デシマ(CL10冠目)」を達成するためには……。

 そして恐らく、来季は悲願のデシマ(CL10冠目)獲得を最優先するのだろう。

 欧州の三大リーグ制覇という野望を成し遂げた今、彼の次なる目標は監督としては史上初となる3クラブでのCL制覇となるからだ。

 しかし、世界一の資金力を誇り、世界トップレベルの選手を多数擁するクラブが毎シーズン1タイトルの獲得に専念するのはいかがなものか。モウリーニョ自身の「常に最強のチームが勝つわけではない」という言葉もある。CLは運に左右される面が大きいため、そこに重きを置き過ぎれば無冠に終わるリスクも大きくなるだろう。

 ゆえに来季は少なくともリーガ、CLの2冠を狙える戦力を整える必要がある。そしてそのためには、今季のようなチームマネージメントをしていてはだめだ。

 2年連続で準決勝まで勝ち上がったとはいえ、今季の決勝トーナメントで下したのはアポエル、CSKAモスクワというくみしやすい相手だった。そしてそれでもCLの試合直後にはリーガで数度の取りこぼしが生じているという事実も見逃してはならない。

 4季ぶりの優勝パレードが行われた翌朝、モウリーニョは早くもゼネラル・ディレクターのホセ・アンヘル・サンチェスと来季へ向けた構想を話し合ったという。

 3年目を迎える来季、稀代の優勝請負人はいかなるアプローチでデシマを目指すのだろうか。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

バルセロナ
レアル・マドリー
ジョゼップ・グアルディオラ
ジョゼ・モウリーニョ
クリスティアーノ・ロナウド
リオネル・メッシ
シャビ・アロンソ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ