オフサイド・トリップBACK NUMBER

このクラシコで雌雄を決することに!?
モウリーニョが迫られる究極の選択。 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/04/21 08:01

このクラシコで雌雄を決することに!?モウリーニョが迫られる究極の選択。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

2012年夏の監督人事でも、すでに台風の目になりつつあるジョゼ・モウリーニョ。そして、自らの意思で毎年1年契約しか結ばないジョゼップ・グアルディオラも、移籍の噂が絶えない。今季、もっとも重要かもしれないクラシコの行方は、このふたりの来季への試金石となる。

攻撃的戦術で停滞する欧州サッカー界を活性化させろ!

 そして我々も究極の選択を迫られる。

 はたしてモウリーニョのクラシコに何を期待すべきか。

 善のシンボルでもあるバルサを破るのは、本来ならば、金にあかせて選手を買いまくった上で、なおかつ守備的なサッカーを実践し、しかも尊大な物言いをするヒールである方が都合がいい。ピカレスクロマンに惹かれてしまうのは人間の性だ。

 しかしフィルムノワールのようなピカレスクロマンであれ、時代劇のような勧善懲悪であれ、これまでのモウリーニョvs.バルサという構図には少々見飽きた感もある。

 モウリーニョが攻撃的なサッカーで、バルサに勝ちを収める。

 こんなどんでん返しなら最高に楽しい。結果においても善悪の価値基準においても、バルサの一人勝ちが続いてきたサッカー界を再活性化させる、理想的なカンフル剤にもなると思うのだけれど。

◆◇◆モウリーニョvs.バルセロナの対戦成績(レアル・マドリー時代)◆◇◆

-----2010-11シーズン-----

2010年  11月29日  リーガ・エスパニョーラ第13節     0-5  ●
2011年    4月16日  リーガ・エスパニョーラ第32節     1-1  △
2011年    4月20日  国王杯決勝                              1-0  ◯
2011年    4月27日  CL準決勝ファーストレグ            0-2  ●
2011年    5月  3日  CL準決勝セカンドレグ              1-1  △

**********************************************

-----2011-12シーズン-----

2011年    8月14日  スーパーカップ・ファーストレグ    2-2  △
2011年    8月17日  スーパーカップ・セカンドレグ       2-3  ●
2011年  12月10日  リーガ・エスパニョーラ第16節      1-3  ●
2012年    1月18日  国王杯準々決勝ファーストレグ    1-2  ●
2012年    1月25日  国王杯準々決勝セカンドレグ       2-2  △
2012年    4月21日  リーガ・エスパニョーラ第35節

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ジョゼップ・グアルディオラ
ジョゼ・モウリーニョ
バルセロナ
レアル・マドリー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ