欧州CL通信BACK NUMBER

“野獣”に徹したチェルシーが先勝!
“美女”バルサを黙らせた気迫と運。  

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2012/04/19 12:00

“野獣”に徹したチェルシーが先勝!“美女”バルサを黙らせた気迫と運。 <Number Web> photograph by AP/AFLO

3年前のCL準決勝で、フース・ヒディンク率いるチェルシーは、あと一歩のところまでバルセロナを追い詰めたが、アウェイゴールの差でバルセロナに敗れた。「私たちは3年前の試合から学んだのだと思う。あの頃よりチームは良くなっているからね」と試合後に語ったドログバ。

過去にも、先勝して第2レグで大敗しているチェルシー。

 チェルシーは、初めてCLに出場した2000年の4月にも準々決勝でバルセロナと対戦し、ホームで先勝している。しかも2点差の勝利だった。だが、第2レグでは大量5失点で涙を飲んだ。

 リターンマッチでのバルセロナは、カンプノウのピッチ上で、初戦の後半以上に、美しく、それでいて容赦なく攻めてくる。

 ディマッテオは、第1レグを前に「完璧なパフォーマンス」をチームに要求していた。現実は、「ほぼ完璧」なパフォーマンスに、自軍のゴール枠と敵のシュートミスという運が加わっての先勝といったところだ。

 第2レグでは、文字通りのノーミスが前提となる。さもなければ、CL決勝進出の運命を握る勝利の女神は、残る90分間を経た後に、サッカー界の「絶世の美女」に微笑むことになるだろう。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
バルセロナ
チェルシー
ジョゼップ・グアルディオラ
ディディエ・ドログバ
ロベルト・ディマッテオ
フランク・ランパード
ラミレス
リオネル・メッシ
ブラニスラフ・イバノビッチ
ラウル・メイレレス
ジョン・オビ・ミケル
セスク・ファブレガス
アンドレス・イニエスタ
アレクシス・サンチェス
カルレス・プジョル
ペトル・チェフ
ペドロ・ロドリゲス
セルヒオ・ブスケッツ
ギャリー・ケーヒル

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ