ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

<五輪代表連続インタビュー#7> MF・山口螢 「自分たちはまだまだ甘い」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2012/03/12 10:30

<五輪代表連続インタビュー#7> MF・山口螢 「自分たちはまだまだ甘い」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

セレッソ大阪のU-18時代にはFW起用もあったほど、攻撃力も十分備えている山口螢。アジア最終予選の最終戦となるバーレーン戦を前にして「攻撃のバリエーションをもっと増やしていきたい。ボランチとしてはもっと前に行けたらと思います」と語っている。

◆◆ 山口螢を知るための7つの質問 ◆◆

<質問1> 誰かに成り代われるとしたら誰になりたい?

「日本だとキヨ(清武弘嗣)君、(香川)真司君。海外だとシャビとかセスク。攻撃的な選手がいいですね」

<質問2> チームメイトに求めることは?

「代表はもっと気持ちを出して激しくいくことですね。セレッソでは言うことないです。バンさん(播戸竜二)がいるので(笑)」

<質問3> 自分の性格で直したいところは?

「人見知りなところです」

<質問4> 年俸500万で海外のビッグクラブ、2億円で中国からのオファーが来た。どちらを選ぶ?

「それはビッグクラブですよ。質が違いますからね」

<質問5> ある大会の準決勝、相手の決定機で止めなければ同点、止めればイエローの累積で決勝は出場停止。どうする?

「止めます。チームの勝利が一番なので。決勝は仲間に託します」

<質問6> 早婚派? それとも晩婚派?

「早くしたいです。ちなみに彼女募集中です」

<質問7> U-23日本代表をひと言で言うと?

「可能性のあるチーム、ですね」

山口螢(やまぐちほたる)

1990年10月6日三重県生まれ。セレッソ大阪にはU-15から所属しており、U-18時代にトップチームへ。2010年にはU-21日本代表としてアジア競技大会で日本初となるサッカーでの金メダル獲得。扇原貴宏とは五輪代表でダブルボランチを組むことも。173cm/72kg

関連記事

BACK 1 2 3 4
山口螢
セレッソ大阪
扇原貴宏
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ