Numberバンクーバー支局BACK NUMBER

身長でも体重でもない世界との差。
日本ジャンプ陣に必要な条件とは? 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2010/02/21 21:00

身長でも体重でもない世界との差。日本ジャンプ陣に必要な条件とは?<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

「力まずに飛べた」 葛西の2本目は大ジャンプに。

 極端にパワーが違うわけではなく、技術的にもそれほど差が無いのだとしたら……どんな条件でも安定してすべての条件をまとめることができる、選手のメンタルの強さがその違いの大きな要素となっているのではないだろうか。

「力まずに飛べました」という葛西の2本目は、21位から8位入賞へと自身を大きく躍進させる135mの大ジャンプとなった。

「1本目は、まさかゲートがあそこまで下がるとは思っていなくて、焦りもあったし、力みもあった。スタートの合図も遅かったし、風も良くなかったと思います」

 スタートのゲートの位置は、前のジャンパーたちの飛距離しだいで直前に変更されることがある。そうなったときでも、追い風で不利なときでも……動揺することなく、選手はあらゆる状況に対応する力を磨かなければならない。

 それは37歳、6度目の五輪出場となる葛西にしても容易ではないのだ。

 試合後のインタビューで、銅メダルを獲得したオーストリアのグレゴア・シュリーレンツァウアーが、「ジャンプの秘訣とは?」との質問に「滑って、そして飛ぶだけだよ」と答えていた。

 はぐらかされたと感じたのか記者はバツの悪い顔をしていたが、本人は至って真剣な表情である。

「滑って、飛ぶ」

 ただそれだけの動作であれほどまでの違いが出るジャンプ競技。シンプルながら奥の深い競技だとあらためて思った。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2
竹内択
栃本翔平
葛西紀明
伊東大貴
オリンピック・パラリンピック
バンクーバー五輪

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ