SCORE CARDBACK NUMBER

浦和、G大阪がもたらしたJリーグの新しい楽しみ方。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

posted2008/12/18 00:43

 大混戦のJ1が決着した。と言いたいところだが、この原稿は締め切りの都合で最終節を前に書いている。現時点で優勝争いは、鹿島、名古屋、川崎に絞られている状況だ。'05年には5クラブが優勝の可能性を残し、最終節を迎えたことを思い出すと、大混戦の結末としては物足りなさがないではない。

 しかし、優勝の可能性がなくなった4位大分、5位FC東京も、戦闘意欲が衰える気配はない。というのも、今季からJ1上位3クラブにAFCチャンピオンズリーグ(以下、ACL)の出場権が与えられることになったからだ。その副賞に「やはり魅力がある」とは、FC東京の羽生直剛。今季のJ1を振り返ったとき、“3位以内”は“優勝”と並んで、確実に各クラブの目標となりえていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

山口智
羽生直剛
ガンバ大阪
浦和レッズ
FC東京
大分トリニータ
名古屋グランパス
川崎フロンターレ
鹿島アントラーズ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ