欧州CL通信BACK NUMBER

最強の守備と最強の攻撃が激突!!
CL準決勝レアル対バルサを完全予想。 

text by

中嶋亨

中嶋亨Toru Nakajima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/04/26 12:20

最強の守備と最強の攻撃が激突!!CL準決勝レアル対バルサを完全予想。<Number Web> photograph by Getty Images

3週間に4回激突することになった今回のラリー・クラシコ。国王杯決勝で劇的勝利を収め、1勝1分けとこれまで有利に運んでいるモウリーニョだが、真の目標は「異なるクラブで3回CL王者になること」とも言われている。雌雄を決する戦いは、CLでの2回のクラシコだと考えているのではないだろうか

 国王杯決勝後のバルセロナとレアル・マドリーを取り巻く雰囲気は、劇的に変化した。

 激闘から3日後、レアルはバレンシア戦で6対3と勝利。一方のバルセロナもオサスナに2対0で勝利した。しかし、3位バレンシアに対しカカ、イグアイン、ベンゼマら控え選手がゴールを重ねて大勝し俄然勢いが増した感が強いレアルに比べ、バルセロナは残留争いをしているオサスナ相手に「シャビ、メッシ、イニエスタを投入せざるを得なかった」とグアルディオラ監督が語った通り、苦しみながらの勝利。さらに離脱者が続出し手薄になっている守備陣ではミリート、マクスウェルまでもがこの試合で負傷してしまった。

 レアルとの勝ち点差8を守り、リーガ優勝に確実に近づいたはずのバルセロナだが、その事実さえもがチャンピオンズリーグでの決戦を前にしたレアルの勢いにかき消されそうになっている。

両方の地元メディアでは、記事を使ったチーム攻撃が激化!!

 その勢いの差は“不確かな情報”を巡る地元メディアの報道の仕方にも表れている。

 先週末、ポルトガルのラジオでCL準決勝一戦目の主審がポルトガル人であるというニュースが報じられた直後から、スペインメディアは「モウリーニョの同胞が主審ならば、レアルに追い風」というニュアンスの報道を開始。オサスナ戦を終えたばかりのグアルディオラの記者会見でもそれについての質問が向けられるとグアルディオラは「ポルトガル人が主審ならば、レアルの監督は大喜びするだろう」と発言した。この一言にマドリー系メディアは飛びついた。

「これまで審判に関して文句を言わなかったペップが文句を言うのは追い詰められている証拠だ」「今までモウリーニョが立たされていた状況にペップが立たされている」などと、何かと不満を露わにして状況を嘆いてきたモウリーニョとグアルディオラの立場が入れ替わったかのように騒ぎ立てた。

 一方のバルセロナ系メディアはグアルディオラの言葉とともに、昨シーズンのインテルとの準決勝一戦目を担当したポルトガル人審判がミスジャッジを犯したことを紹介。今回も同じことが繰り返されるのではないかという不安を漂わせた。

 結局、主審はポルトガル人ではなくドイツ人になったことをUEFAは発表したが、不確かな情報を巡る報道でさえも両チームの勢いが対照的であることが浮き彫りになった。

けが人が続き、とにかく駒不足感が否めないバルセロナ。

 準決勝一戦目に臨む両チームの陣容を見ても、勢いの差が表れている。

 バルセロナは、主将プジョルの出場が未定。国王杯決勝で負傷したアドリアーノは出場できず、マクスウェル、ミリートも万全の状態ではない。肝臓の手術を行ったアビダルも当然、メンバー外となっている。最悪の場合、バルセロナは本職の左SBを起用できない可能性もある。グアルディオラはやり繰り云々というよりも、単純に駒が不足しているという状態で最強のライバルと戦わなければならない。

【次ページ】 「このタイミングで対戦する最悪の相手」(ブスケッツ)

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジョゼップ・グアルディオラ
ジョゼ・モウリーニョ
ペドロ・ロドリゲス
バルセロナ
レアル・マドリー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ