欧州CL通信BACK NUMBER

最強の守備と最強の攻撃が激突!!
CL準決勝レアル対バルサを完全予想。 

text by

中嶋亨

中嶋亨Toru Nakajima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/04/26 12:20

最強の守備と最強の攻撃が激突!!CL準決勝レアル対バルサを完全予想。<Number Web> photograph by Getty Images

3週間に4回激突することになった今回のラリー・クラシコ。国王杯決勝で劇的勝利を収め、1勝1分けとこれまで有利に運んでいるモウリーニョだが、真の目標は「異なるクラブで3回CL王者になること」とも言われている。雌雄を決する戦いは、CLでの2回のクラシコだと考えているのではないだろうか

「このタイミングで対戦する最悪の相手」(ブスケッツ)

 一方のレアルは出場停止のカルバーリョ、内転筋を痛めて今季絶望となったケディラの二人に留まっている。国王杯決勝戦で共に守備面で大貢献した二人を欠くものの、カルバーリョの位置にはアルビオル、ケディラの位置にはラサナ・ディアラを入れることができる。国王杯決勝で120分間、バルセロナを0点に抑えたチームの守備意識と連動性は、二人の選手が入れ替わっただけで低下することはないだろうというのがマドリー系メディアの見方だ。

 また、対バルセロナ戦に限り“レアル唯一の攻撃オプション”と誰もが納得しているカウンター攻撃に必要な選手がこぞって絶好調という要素も、マドリー系メディアをより楽観的にさせている。調子を上げているカカ、イグアイン、ベンゼマが控えているレアル攻撃陣は、万全の状態ではないバルセロナ守備陣を脅かすカードをいつでも切ることができる。

 バルセロナMFブスケッツは「このタイミングで対戦する最悪の相手」とレアルを評している。レアルMFシャビ・アロンソの「国王杯優勝がこれまでのしかかっていたプレッシャーを取り除いた。チームは最高の状態にある」という言葉が現在のレアルのすべてを表現している。

 しかし、そんな時だからこそヨハン・クライフが発した言葉は興味深い。

「もしもレアルが自信を持っているのなら、それはバルサにとって好都合だ。これまでの対戦でより試合を支配していたのはバルサだった。国王杯はバルサ以上に勝たなければならない状況にいたのがレアルだった。だが今回の対決は別物だ。全てをかけてバルサは戦う」

“Trivote(トリボーテ)”というモウリーニョの武器とは?

 ピッチ上の攻防の軸となるのは、ペペ、シャビ・アロンソ、ラサナ・ディアラを置いたレアルの“Trivote(3人のピボーテ)”と、シャビ、イニエスタ、メッシの争いだ。

 リーガ戦、国王杯決勝でモウリーニョが採用し結果を残したペペ、シャビ・アロンソ、ケディラを中央に並べたレアルの超守備的中盤は、バルセロナに最終ライン前のスペースを明け渡さなかった。

 25日の練習後、モウリーニョはバルセロナの攻撃を凌ぎ切った昨季のインテル対バルセロナ戦を編集したビデオを選手達に見せた。そのことからも、モウリーニョが再び、Trivoteを採用して超守備的な中盤で臨むことが予想される。

 グアルディオラが戦術において強い影響を受けたといわれる、スペインのサッカー指導者にして著名な戦術理論家のファン・マヌエル・リージョは、国王杯決勝を踏まえて「対バルセロナにおける、現時点で最高の守りかた」とこの“Trivote”を評する。

「シャビ、イニエスタ、メッシの3人を自由にさせないことがペペ、ケディラ、シャビ・アロンソの仕事で、彼らはバルサの3人を常にケアしている。中央の3人に加えて、ディ・マリア、エジルがサイドのスペースをカバーすることで、バルサはボール回しから縦に加速するスペースを手にするため、多くの時間を費やさなければならなかった。国王杯決勝前半のレアル守備網は完璧なバランスだった。だが、バルサがチャンスを多く作った後半は、レアルの3人がバルサの3人を追いかけすぎてスペースをカバーするポジショニングが崩れた。それによってレアル陣内中央、つまり最終ライン前にはスペースが生まれてメッシ、イニエスタのドリブルが威力を持った」

【次ページ】 バルサの勝利はペドロの動きがキーポイントになる。

BACK 1 2 3 NEXT
ジョゼップ・グアルディオラ
ジョゼ・モウリーニョ
ペドロ・ロドリゲス
バルセロナ
レアル・マドリー
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ