松田直樹 

筑波大3年角田涼太朗がマリノスを選んだ理由は? 「先輩・松田直樹さんも超えていきたい」

“ユース教授”のサッカージャーナル

筑波大3年角田涼太朗がマリノスを選んだ理由は? 「先輩・松田直樹さんも超えていきたい」

以前、当連載のコラムで「左利きのCB」という希少価値と進路に悩む彼の葛藤を紹介したが、9日に横浜F・マリノスへの来季加入が正… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

Jリーグ

2020/10/09

名門・前橋育英の14番がまたJリーグへ 名伯楽や先輩から学び、次はイニエスタの横で

“ユース教授”のサッカージャーナル

名門・前橋育英の14番がまたJリーグへ 名伯楽や先輩から学び、次はイニエスタの横で

名門・前橋育英高校の「背番号14」――。伝統ある番号を引き継ぐ櫻井辰徳が、18日、来季からヴィッセル神戸へ加入することを発表… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

高校サッカー

2020/09/18

日韓W杯後、中村俊輔のセリエ挑戦。あの夏の南イタリアで感じた焦熱。

欧州サッカーPRESS

日韓W杯後、中村俊輔のセリエ挑戦。
あの夏の南イタリアで感じた焦熱。

「行くんだったら、本当に頑張ってきてほしい。(失敗するような形で)帰ってこないでほしいね」。そう話したのは、日韓W杯を戦… 続きを読む

杉山孝Takashi Sugiyama

海外サッカー

2020/05/07

ワシントンから浦和&Jへのエール。「忍耐強さは世界一だからこそ……」

熱狂とカオス!魅惑の南米直送便

ワシントンから浦和&Jへのエール。
「忍耐強さは世界一だからこそ……」

現在はブラジル北東部アラカジューに住み、シュラスカリア(ブラジル風焼肉屋)を経営する。そのワシントンに日本での思い出、今… 続きを読む

沢田啓明Hiroaki Sawada

Jリーグ

2020/04/21

F・マリノス優勝と栗原勇蔵の引退。思い出す2004年の連覇と松田直樹。

サムライブルーの原材料

F・マリノス優勝と栗原勇蔵の引退。
思い出す2004年の連覇と松田直樹。

栗原は夜空に目をやって「引退します」と報告した。この後、「最後のお願い」として自分のチャントをサポーターに頼み込んだ。チ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2020/01/05

18歳、遠藤保仁デビュー戦の真実。中村俊輔の共感、岡山一成の嫉妬。

サムライブルーの原材料

18歳、遠藤保仁デビュー戦の真実。
中村俊輔の共感、岡山一成の嫉妬。

三ツ沢とヤット。1964年の東京五輪においてサッカーの会場として使用された伝統あるスタジアムの味も手伝ってか、何だか21年前に… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2019/09/02

平成日本サッカーの夜明け(2)世界ベスト8に輝いた16歳の中田英寿。

サッカー日本代表PRESS

平成日本サッカーの夜明け(2)
世界ベスト8に輝いた16歳の中田英寿。

1993年(平成5年)の日本サッカーで、まず思い浮かぶのは5月のJリーグ開幕であり、10月の“ドーハの悲劇”だろう。プロサッカー… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2019/04/28

田中隼磨が完遂した松本山雅の優勝。偉大な先輩たちの言葉を胸に刻んで。

サムライブルーの原材料

田中隼磨が完遂した松本山雅の優勝。
偉大な先輩たちの言葉を胸に刻んで。

♪行け行け~まつもとぉ~、勝利を信じて~、蹴散らっせ、とくしまぁ~、俺らとともに~♪ 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2018/11/19

ジャーナリスト二宮寿朗が目撃した激闘の記憶

サッカー日本代表 激闘日誌

ジャーナリスト二宮寿朗が目撃した激闘の記憶

あれほどのブーイングは、いまだかつて聞いたことがない。君が代が流れても、日本がボールを持っても、それは地鳴りのような響き… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2018/03/30

前橋育英サッカー部監督にして校長。山田耕介の真っ直ぐな人生を考える。

“ユース教授”のサッカージャーナル

前橋育英サッカー部監督にして校長。
山田耕介の真っ直ぐな人生を考える。

前橋育英高校サッカー部監督であり、前橋育英高校の校長先生。2つの顔を持つ山田耕介監督に、新たな顔が加わった。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

高校サッカー

2018/01/16

岡山一成が等々力に帰ってきた理由。“岡山劇場”次の夢を託す場所。

サムライブルーの原材料

岡山一成が等々力に帰ってきた理由。
“岡山劇場”次の夢を託す場所。

等々力競技場の「Gゾーン」に、その人はいた。熱烈なサポーターが集うエリア。2017年12月2日、川崎フロンターレのリーグ初優勝を… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2018/01/10

代表の誇りを胸に。松田直樹も運命の一戦を見守っている。~今年で七回忌、代表への思いを決して忘れなかった男~

SCORE CARD

代表の誇りを胸に。松田直樹も運命の
一戦を見守っている。~今年で七回忌、
代表への思いを決して忘れなかった男~

記憶に残る稀代の名センターバック、松田直樹が天国に旅立った夏からはや6年が経つ。今年、七回忌を迎えた。 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

有料

2017/08/30

いつもマリノスと共にあった……。中村俊輔、心の痛みと新たな旅立ち。

JリーグPRESS

いつもマリノスと共にあった……。
中村俊輔、心の痛みと新たな旅立ち。

あのときの中村俊輔は、どこか寂しげだった。12月29日、大阪・長居スタジアムで行われた天皇杯準決勝。鹿島アントラーズに敗れる… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2017/01/12

木島良輔が受け継いだヘアバンドの情熱。~松田直樹の魂がこもった「3番」~

SCORE CARD

木島良輔が受け継いだヘアバンドの情熱。~松田直樹の魂がこもった「3番」~

2011年8月、名ディフェンダーの松田直樹が34歳の若さで天国に旅立ってから、はや4年が経つ。 当時JFLだった松本山雅は松田の遺… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

有料

2015/08/23

アジアカップはいつも総力戦だった。2004、2011の優勝をもたらしたもの。

サムライブルーの原材料

アジアカップはいつも総力戦だった。
2004、2011の優勝をもたらしたもの。

うだるような暑さと、苛烈さ。もう10年にもなるが、あの夏のことは忘れることができない。2004年夏、アジアカップ中国大会――。… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2015/01/10

J2MVPに輝いた田中、昇格までの決意と覚悟。~松本山雅で継いだ松田直樹の魂~

SCORE CARD

J2MVPに輝いた田中、昇格までの決意と覚悟。
~松本山雅で継いだ松田直樹の魂~

多くのファンやサポーターに選んでもらえたことに価値があると思う」Jリーグアウォーズ来場者の投票によって決まる「J2 Most Exc… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

有料

2015/01/01

松本山雅の「3番」を受け継いだ男。田中隼磨、松田直樹の魂とともに。

JリーグPRESS

松本山雅の「3番」を受け継いだ男。
田中隼磨、松田直樹の魂とともに。

「緑」は壮観な山々を、「白」はアルプスを覆う雪や混じりけのない自然をイメージさせる。重厚感ある松本山雅のユニホームに、背… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2014/03/14

松田直樹はなぜ、愛され続けるのか。~著者・二宮寿朗が語る「闘争人」~

メディアウオッチング

松田直樹はなぜ、
愛され続けるのか。
~著者・二宮寿朗が語る「闘争人」~

――『闘争人 松田直樹物語』から4年。“闘争人II 永遠の章”として『松田直樹を忘れない。』を上梓されました。松田選手が亡… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

Jリーグ

2013/09/18

「松田直樹メモリアル」が燃えた!!中田、中山らが感じた“つながり”。

JリーグPRESS

「松田直樹メモリアル」が燃えた!!
中田、中山らが感じた“つながり”。

天国にいる松田直樹も、きっと雄叫びを挙げたに違いない。後半ロスタイム、昨シーズン限りで引退を表明したゴン中山こと中山雅史… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2013/01/26

“松田魂”を受け継ぐ栗原勇蔵。代表レギュラー奪取に懸ける決意。

日本代表、2014年ブラジルへ

“松田魂”を受け継ぐ栗原勇蔵。
代表レギュラー奪取に懸ける決意。

雨のち晴れ。1月22日、日産スタジアム。昨年8月、急性心筋梗塞で亡くなった松田直樹選手の追悼試合が開催され、中村俊輔、川口能… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2012/01/25

ページトップ