塩尻和也 

三浦龍司ら3人が五輪へ マイナー種目「男子3000m障害」がナゾに急成長した“3つの理由”〈5年で15秒も短縮〉

オリンピックPRESS

三浦龍司ら3人が五輪へ マイナー種目「男子3000m障害」がナゾに急成長した“3つの理由”〈5年で15秒も短縮〉

陸上日本選手権を20年近く取材してきて、男子3000m障害の急激なレベルアップを強く感じている。その“旗手”といえるのが19歳の… 続きを読む

酒井政人Masato Sakai

陸上

2021/07/16

箱根駅伝であの“山の神”が厚底シューズを履いていたら…前回大会7つの区間記録を超えるのか

箱根駅伝PRESS

箱根駅伝であの“山の神”が厚底シューズを履いていたら…前回大会7つの区間記録を超えるのか

前回の箱根駅伝は凄まじいほどの記録ラッシュになった。10区間中7区間(2、3、4、5、6、7、10区)で区間記録が誕生。しばらくは… 続きを読む

酒井政人Masato Sakai

駅伝

2020/12/19

<東京五輪へ繋がった名勝負>服部勇馬「未来が咲いた花の2区」

Sports Graphic Number Special

<東京五輪へ繋がった名勝負>
服部勇馬「未来が咲いた花の2区」

その年の23.1kmには現在の長距離界の中心選手が集結した。順大のスーパールーキー、神奈川大の2年生エース、そしてマラソンでの… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

駅伝

有料

2019/12/15

3年生の区間配置が神奈川大学のカギ。主力好調の國學院大學は1区がポイント。

第95回箱根駅伝出場校紹介

3年生の区間配置が神奈川大学のカギ。
主力好調の國學院大學は1区がポイント。

神奈川大は、前回の箱根駅伝では優勝した青山学院大学、2位に入った東洋大学と並んで「3強」の一角とみられていた。ところが、山… 続きを読む

箱根駅伝2019取材チームhakone ekiden 2019

駅伝

2018/12/05

駒澤大学が見据えるのは「3位以内」。凸凹駅伝からの脱却を狙う順天堂大学。

第95回箱根駅伝出場校紹介

駒澤大学が見据えるのは「3位以内」。
凸凹駅伝からの脱却を狙う順天堂大学。

トップという言葉が何度も出てくるところに、チームの好調さがうかがえる。「今年から予選会の距離がハーフに延びて、なおさらス… 続きを読む

箱根駅伝2019取材チームhakone ekiden 2019

駅伝

2018/12/04

今季学生No.1ランナーは誰だ!?箱根駅伝のエース区間、2区を狙う強者たち。

第95回箱根駅伝(2019)

今季学生No.1ランナーは誰だ!?
箱根駅伝のエース区間、2区を狙う強者たち。

まずは率直に訊いてみたい。学生最強ランナーと呼ばれることに対してどう思っているのか。その問いに順天堂大学のエースである塩… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

駅伝

2018/11/22

今季学生最強ランナー、順大・塩尻和也が目指す道。

第94回箱根駅伝(2018)

今季学生最強ランナー、
順大・塩尻和也が目指す道。

箱根駅伝で、エース区間として注目される“花の2区”。今回の区間賞争いは前回区間賞の神奈川大・鈴木健吾、山梨学大の留学生ド… 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

駅伝

2017/12/07

名門復活の理由はどこにあるのか。順天堂大学・長門俊介監督が見せた手腕。

第94回箱根駅伝(2018)

名門復活の理由はどこにあるのか。
順天堂大学・長門俊介監督が見せた手腕。

1980年代の4連覇をはじめ、これまで実に箱根駅伝11回の優勝を誇る順天堂大学。'99年からの駒澤大学との「紫紺対決」は、ファンの… 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

駅伝

2017/11/24

箱根駅伝で山登りの重要度が低下。今回は「花の2区」にエースが集結!

スポーツ・インテリジェンス原論

箱根駅伝で山登りの重要度が低下。
今回は「花の2区」にエースが集結!

青山学院大の優勢が伝えられる箱根駅伝2017。往路のキーワードは、久しぶりに「花の2区」になりそうだ。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2016/12/28

“東京五輪世代”の躍進。~世界Jr陸上で輝いた日本人選手~

Number on Number

“東京五輪世代”の躍進。
~世界Jr陸上で輝いた日本人選手~

世界ジュニア陸上選手権は、7月22日から27日まで米国オレゴン州ユージンで行なわれ、日本選手団は史上最高の成績を収めた。陸上… 続きを読む

小川勝Masaru Ogawa

陸上

有料

2014/09/15

ページトップ