Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[献身が生んだ1得点]前田大然「無慈悲な疾走の先へ」

posted2022/12/17 07:02

 
[献身が生んだ1得点]前田大然「無慈悲な疾走の先へ」<Number Web> photograph by Naoyoshi Sueishi

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Naoyoshi Sueishi

試合開始から惜しみなくスプリントを繰り返し、最前線から肉食獣のようにプレスをかけ続けた。クロアチア戦では待望のゴールを挙げるも満足はない。今はストライカーとしての進化を己に誓っている。

 バングラデシュ人の洗濯屋が感心していた。

「日本、いいチームだ。特にほら、スキンヘッドのあのフォワード、ずっと走ってる」

 スコティッシュメイルのマクゴーバン記者はうなずいた。

「今日もやってたな、ダイゼン。私はもう驚かないが」

 ひとりの男が、一風変わったやり方で、黄金色のスタジアムに集う観衆を沸かせていた。

 疾走の前田大然。カタールの地で話題となった。

 スプリント数でFIFAを驚かせた。出場したドイツ戦、スペイン戦、クロアチア戦の3試合でのスプリント数はチーム1だった。この数字は、他のどんなフォワードも達成していない。

 今大会でFIFA分析班のメンバーだった元日本代表監督、アルベルト・ザッケローニはうなる。

「チームの最前線であの献身。そりゃ、チームは助かる」

 前田がワールドカップなど夢にも描いていなかった昨春、走ることの意義についてこんなことを語っていた。

「スピードがある選手というのは、どこにいっても気に入られると思っています。僕はそのスピードをどんどん出していかないと。今よりも、もっと出したい。圧倒的なスピードを見せる」

 腹をすかせた肉食動物の視線で相手を追いかけ回した。2度追い、3度追いを繰り返す。ドイツのセンターバックが、スペインのゴールキーパーが、あわれにも次々と餌食となった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2391文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

前田大然
アルベルト・ザッケローニ
森保一
セルティック
アンジェ・ポステコグルー
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ