著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

村田諒太Ryota Murata

1986年1月12日、奈良県生まれ。'12年ロンドン五輪で金メダル、'13年にプロへ転向。現WBAミドル級王者。アスリート随一の読書家としても知られる。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
『はじめの一歩』ボクシング漫画の名作が持つ、拳闘を否定しない懐の深さ。

村田諒太「王者の本棚」

『はじめの一歩』ボクシング漫画の名作が持つ、拳闘を否定しない懐の深さ。

この夏、故郷に帰省した際、ボクシング漫画『はじめの一歩』が100巻超えで置いてありました。僕が学生のころまで買っていたのが… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

ボクシング

有料

2022/09/23

『愛すること、生きること』あの戦いの前に繰り返し読んだ、愛の意味を教えてくれた一冊。

村田諒太「王者の本棚」

『愛すること、生きること』あの戦いの前に繰り返し読んだ、愛の意味を教えてくれた一冊。

愛の定義って何だろう? その疑問を解決してくれたのが「ニューヨーク・タイムズ」のベストセラーリストに13年連続でランクイン… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

ボクシング

有料

2022/09/04

『思考の整理学』東大生、京大生から支持される“飛行機能力”のつくりかた。

村田諒太「王者の本棚」

『思考の整理学』東大生、京大生から支持される“飛行機能力”のつくりかた。

グライダー人間か、それとも飛行機人間か――。前者は優雅に飛べても決して自力では飛べない。外山滋比古さんは「学校はグライダ… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2022/08/21

『モモ』時間どろぼうが示す病理、あなたは今を大切にしている?

村田諒太「王者の本棚」

『モモ』時間どろぼうが示す病理、あなたは今を大切にしている?

ドイツ人作家ミヒャエル・エンデ作の『モモ』。時間どろぼうが出てくる話というと、ピンと来る人も多いでしょうね。ファンタジー… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2022/07/30

『考える脚 北極冒険家が考える、リスクとカネと歩くこと』冒険に希望的観測は不要。これはボクシングにも通ずる。

村田諒太「王者の本棚」

『考える脚 北極冒険家が考える、リスクとカネと歩くこと』冒険に希望的観測は不要。これはボクシングにも通ずる。

また会って話を聞いてみたいなと猛烈に思う人がいます。日本人初となる南極点無補給単独徒歩踏破などに成功した、冒険家の荻田泰… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2022/07/10

『「忘れる」力』情報過多の現代だからこそ忘れることを怖れなくていい。

村田諒太「王者の本棚」

『「忘れる」力』情報過多の現代だからこそ忘れることを怖れなくていい。

大ベストセラーとなった『思考の整理学』の著者、外山滋比古さんのエッセイ集。「忘れる」ことがいかに大切かって思いました。人… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2022/06/26

『それでも人生にイエスと言う』思考記が示す「生きる」価値。苦悩することにも意味がある。

村田諒太「王者の本棚」

『それでも人生にイエスと言う』思考記が示す「生きる」価値。苦悩することにも意味がある。

「私たちは、生きる意味を問うてはならないのです。人生こそが問いを出し私たちに問いを提起しているからです。私たちは問われて… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2022/06/12

『生きがいについて』外国語に訳せない「生きがい」、その正体を細かく分析した一冊。

村田諒太「王者の本棚」

『生きがいについて』外国語に訳せない「生きがい」、その正体を細かく分析した一冊。

以前紹介させていただいたマルクス・アウレーリウス『自省録』の訳者としても知られる神谷美恵子さんの『生きがいについて』。精… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2022/05/29

『黙示録から現代を読み解く』現役司祭が嘆く宗教界の実情、実は身近な問題にも通じている。

村田諒太「王者の本棚」

『黙示録から現代を読み解く』現役司祭が嘆く宗教界の実情、実は身近な問題にも通じている。

「黙示録」とは新約聖書の最後の一書。僕が知っているのはこの世の終わりを記している預言的な内容っていうことくらいです。自然… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2022/05/18

『マザーテレサ』意外と知らない偉人の足跡、愛を伝え続ける姿に心打たれた。

村田諒太「王者の本棚」

『マザーテレサ』意外と知らない偉人の足跡、愛を伝え続ける姿に心打たれた。

偉人の名前は知っていても、どんな人だったかよく分からないって結構ありますよね。僕にとってマザーテレサがその一人でした。関… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2022/04/29

『一日一生』波乱万丈な実体験に基づいた仏の教えにとどまらない言葉。

村田諒太「王者の本棚」

『一日一生』波乱万丈な実体験に基づいた仏の教えにとどまらない言葉。

天台宗の僧侶、故・酒井雄大阿闍梨を描いた『超人の教え』(中尾清光著)を以前、紹介させていただきましたが、今回は大阿闍梨の… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2022/04/12

『アホは神の望み』時には賢さを脱ぎ捨てよう、世界を変えるアホの持つ力。

村田諒太「王者の本棚」

『アホは神の望み』時には賢さを脱ぎ捨てよう、世界を変えるアホの持つ力。

賢い人は、できない理由をまず探すそうです。アホにはそれがない。だから不可能と思われていることにも挑戦できる。 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2022/03/29

『それでもやる』とにかく生き方がカッコいい、“浪速のジョー”の人間力。

村田諒太「王者の本棚」

『それでもやる』とにかく生き方がカッコいい、“浪速のジョー”の人間力。

辰吉丈一郎の存在がなかったら、僕はボクシングをやっていなかったかもしれない。それくらい影響を受けた人。 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

ボクシング

有料

2022/03/13

『死のアート』あとから衝撃に気付いた、考えが破壊される言葉の数々。

村田諒太「王者の本棚」

『死のアート』あとから衝撃に気付いた、考えが破壊される言葉の数々。

頬をバチーンと引っ叩かれたような感覚がありました。腹をえぐるくらいのボディーブローを食らったような……。決して大げさな表… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

ボクシング

有料

2022/02/20

『父さんの宝物』クリスチャンの医師が綴る、ユーモアあふれる子育て録。

村田諒太「王者の本棚」

『父さんの宝物』クリスチャンの医師が綴る、ユーモアあふれる子育て録。

「古き良き昭和の日本」の光景に触れることができた気がして、何だか心が温かくなりました。著者の山浦玄嗣さんは昭和15年生まれ… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2022/02/02

『ホモ・ルーデンス』“遊び”から発展した人間社会、そう考えれば気が楽になる。

村田諒太「王者の本棚」

『ホモ・ルーデンス』“遊び”から発展した人間社会、そう考えれば気が楽になる。

「ホモ・ルーデンス」とはラテン語で「遊ぶ人」という意味。20世紀最大の文化史家と称されるホイジンガが、今から80年以上前に発… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2022/01/19

『なぜ私だけが苦しむのか――現代のヨブ記』絶望の淵に立たされたとき、自分とどう向き合うべきか。

村田諒太「王者の本棚」

『なぜ私だけが苦しむのか――現代のヨブ記』絶望の淵に立たされたとき、自分とどう向き合うべきか。

旧約聖書にある「ヨブ記」をご存知でしょうか。敬虔なヨブが財産、家族を失い、そして皮膚病に襲われて絶望の淵に立たされながら… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2021/12/30

『銃・病原菌・鉄』上・下 感染症を考える上で役に立つ、人類史を変えた過去の事例。

村田諒太「王者の本棚」

『銃・病原菌・鉄』上・下 感染症を考える上で役に立つ、人類史を変えた過去の事例。

新型コロナウイルスが猛威をふるう20年前に日本でも出版されたアメリカ人学者による1万3000年に及ぶ人類史の本書。タイトルにな… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2021/12/15

『ユダヤ人大富豪の教え』5000年の歴史が教えてくれる、お金と自由の複雑な関係。

村田諒太「王者の本棚」

『ユダヤ人大富豪の教え』5000年の歴史が教えてくれる、お金と自由の複雑な関係。

ユダヤの5000年に及ぶ歴史は「商業の歴史」とも言われているそうです。成功者と呼ばれる人たちを多く輩出しているのも、長い歴史… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2021/12/01

『鬼滅の刃』垣間見える聖書との共通点、ヒットの理由は宗教観かも。

村田諒太「王者の本棚」

『鬼滅の刃』垣間見える聖書との共通点、ヒットの理由は宗教観かも。

今回も引き続き「鬼滅の刃」を語っていきたいと思います。これは僕の勝手な推察ですが、作者の吾峠呼世晴さんは「聖書」からイン… 続きを読む

村田諒太Ryota Murata

その他スポーツ

有料

2021/11/17

1 2 3 NEXT >>

ページトップ