村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『真相』不世出のボクサー・タイソンの半生からよみとく、幸福の形。

posted2023/01/22 07:00

 
『真相』不世出のボクサー・タイソンの半生からよみとく、幸福の形。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『真相』マイク・タイソン著 ジョー小泉監訳 棚橋志行訳 ダイヤモンド社 2970円

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 1980年代のボクシング界においてマイク・タイソンの登場は、あまりにセンセーショナルでした。モハメド・アリを真似して技術に走るボクサーがやたらと増えたなか、体は小さいながらも頭を振りながら相手のパンチをかわしてフック系のパンチを振り回し、次々にブッ倒していくわけですから。

 タイソンはWBC王者トレバー・バービックに2回TKO勝ちして史上最年少(20歳5カ月)で世界ヘビー級チャンピオンにたどり着くわけですが、『真相』にはこんな告白がありました。

「コーナーに戻って座った。抗生物質の注射のせいで、七月のアイスクリームみたいに汗が滴っていたが、気にしなかった」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 628文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

マイク・タイソン

ボクシングの前後の記事

ページトップ