熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

「恥辱だ恥辱、恥知らずめ!」ブラジルW杯予選3連敗+サポ流血など不穏な現場ルポ…「36歳メッシと王者アルゼンチン」にあって王国にないもの

posted2023/11/28 11:04

 
「恥辱だ恥辱、恥知らずめ!」ブラジルW杯予選3連敗+サポ流血など不穏な現場ルポ…「36歳メッシと王者アルゼンチン」にあって王国にないもの<Number Web> photograph by AP/AFLO

メッシとカルロス・アウグストのデュエル。なぜブラジルはW杯南米予選で不振に陥っているのか

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

AP/AFLO

北中米W杯予選、日本代表が快調なスタートを切ったのと対照的に苦しんでいるのは南米予選でのブラジル代表だ。宿敵でカタールW杯優勝国であるアルゼンチンに敗れて今予選3連敗を喫した王国に、何が起こっているのか。ホーム会場の不穏な雰囲気などを現地取材した日本人ライターが記す。

 後半33分、1点をリードするアルゼンチンが手負いのエース、リオネル・メッシ(インテル・マイアミ)を下げて逃げ切りを図る。

 その3分後、セレソンは9分前にピッチに立ったばかりのMFがラフプレーで退場処分を受けて10人となる。反撃の気運に水が差され、点を取るどころかシュートを放つことすらできない。

 怒り心頭となった地元サポーターは、流行歌のサビのメロディーに合わせて「恥辱だ、恥辱だ、恥知らずたちめ」の大合唱(※ひいきチームが無残な敗北を喫しつつあるときの、ブラジル人サポーターの定番の歌)だった。

 のみならず、アルゼンチン選手が自陣後方でパスを回すと「オーレ!」のコールを繰り返して怒りを露わにした。これは元来、スペインで闘牛士やフラメンコのダンサーを鼓舞したり賞賛するための掛け声だ。フットボールでは、通常はひいきチームが大勝していて余裕でパスを回している際に発するが、逆に手痛い敗北を喫しつつある際、相手チームのパス回しに対してひいきチームへの抗議の意味で浴びせることがある。

アルゼンチン国歌の吹奏にブーイングが

 11月21日夜、リオのマラカナン・スタジアムで2026年W杯南米予選第6節のブラジル対アルゼンチンが行なわれた。スタンドは、約7万人の観衆で超満員だった。

 ところが、試合開始直前、残念な出来事が起きた。

 アルゼンチン国歌が吹奏されると、一部のブラジル人サポーターからブーイングが起きた。この反応に、片方のゴール裏に固まって陣取っていたアルゼンチン人サポーター(約2000人)が激怒。その周辺で小競り合いが起きた。

 これを見て、ブラジルサッカー連盟(CBF)が手配した警備員に加えて地元警察の警官が急行したのだが、彼らが一部のアルゼンチン人サポーターに棍棒を振り上げて制圧しようとした(地元報道だと流血したサポーターもいたという)。

 セレソン(ブラジル代表)が試合前の集合写真を撮った直後で、次はアルゼンチンが集合写真を撮る番だったが、選手たちはメッシを先頭にゴール裏へ駆け寄り、警官に激しく抗議する――。

手負いのメッシに見た「代表のために」

 その後、選手たちはピッチへ戻ってきたが、プレーをするのではなく、ロッカールームへ引き揚げてしまう。場内は騒然とし、一時は「放棄試合か」とも思われた。

【次ページ】 勝利後、メッシらが敵地に駆け付けたサポの元へ

1 2 3 4 NEXT
リオネル・メッシ
ネイマール
ビニシウス・ジュニオール
フェルナンド・ジニス
カルロ・アンチェロッティ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ