マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「あなたがスカウトなら誰を指名する?」大学“ドラフト上位候補”に聞いてみた…逸材たちが自ら選んだ「ドラ1」は?《野手に聞いた編》

posted2023/09/28 17:01

 
「あなたがスカウトなら誰を指名する?」大学“ドラフト上位候補”に聞いてみた…逸材たちが自ら選んだ「ドラ1」は?《野手に聞いた編》<Number Web> photograph by JIJI PRESS

逸材ぞろいの今年の大学生ドラフト候補たち。実際に同じフィールドで戦った彼らが選んだ独自の「ドラ1候補」は…?

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

 先日、スタンドから学生野球を見ていて、フッと思った。

 今年の大学4年生、特に投手たちはドラフト史上トップレベルの逸材ぞろいである。スカウトの方たち、記者の方たち、ファンの方たち……いろいろな人がさまざまな評価をしている中で、ならば目の前のグラウンドでプレーしているドラフト上位候補たちは、対戦してきた逸材たちに対していったいどんな評価をしているのか。

「あなたがスカウト部長だったら、大学選手の中で誰を1位指名しますか――?」

 選手の取材に伺った際に、さりげなくそんなふうに振ってみた。投手編に続いては野手の“ドラフト注目選手”の話を聞いてみよう。(「投手に聞いた編」も読む)

【明治大】上田希由翔内野手(182cm90kg・右投左打・愛産大三河高)

◆明治大・上田希由翔内野手(182cm90kg・右投左打・愛産大三河高)の場合

「打者なら自分(笑)。自分以外なら、やっぱり廣瀬(隆太・内野手・182cm91kg・右投右打・慶應高)ですね。この春なんか、不調に見えても、打率は1割台なのに、リーグ戦では5本塁打。チャンスにはちゃんとタイムリー打てて、チームバッティングとしてライト方向にも、簡単にヒット打てる。すごいヤツだと思います。

 投手なら國學院大の武内(夏暉・185cm90kg・左投左打・八幡南高)かな。左打者のインローにツーシームを集められるんですよ。左腕でそんなピッチャー、大学にはいない。去年の明治神宮大会の決勝戦で、明治の左打者、みんなやられましたから」

【慶應大】廣瀬隆太内野手(182cm91kg・右投右打・慶應高)

◆慶應義塾大・廣瀬隆太内野手(182cm91kg・右投右打・慶應高)の場合

「投手なら、青山学院大の常廣(羽也斗・投手・180cm74kg・右投右打・大分舞鶴高)で間違いないんじゃないですか。わかっていても捉えられない快速球っていうんですか。フォークもベースの上でスッと沈む感じだし、150キロ台のスピード、コントロール……すべて完璧。高校時代あまり投げていないのに、あれだけ投げられるのは、すごいしかない。

 バッターは、自分でもいいんですか?(もちろんです!)そうですねぇ……自分で言うのもなんですけど、豪快な遠心力打法から生まれるとんでもない長打力。とっさにいろいろなスイング軌道を作れて、難しいボールもバットコントロールで放り込む。2年生の明治神宮大会・決勝戦で、内角高めをバックスクリーンに持っていったホームランなんかは、ヒジの抜き方が完璧にできていましたね」

【次ページ】 【上武大】進藤勇也捕手(182cm90kg・右投右打・筑陽学園高)

1 2 3 NEXT
常廣羽也斗
上田大河
進藤勇也
廣瀬隆太
青山学院大学
明治大学
大阪商業大学
慶應義塾大学
上武大学
上田希由翔
武内夏暉
國學院大学
東洋大学
細野晴希
下村海翔

プロ野球の前後の記事

ページトップ