箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

<箱根駅伝4位>走れなかったキャプテンのために…国学院大監督も涙、下級生が見た主将・中西大翔の背中「大翔さんを胴上げして、泣かせたかった…」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2023/01/10 11:02

<箱根駅伝4位>走れなかったキャプテンのために…国学院大監督も涙、下級生が見た主将・中西大翔の背中「大翔さんを胴上げして、泣かせたかった…」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

出雲駅伝では4区で区間賞を獲得した中西大翔。キャプテンとして監督、部員から絶大な信頼を得ていたが、年末に身体が悲鳴をあげ…

「今回、表彰台を逃したのは自分のせいです。でも、走ったメンバーとサポートした仲間は、たたえてあげてください」

 すると前田監督は、「違うよ」と首を振った。

「大翔のせいじゃない。このチームは、大翔が引っ張ってくれたからできたチームだ。気にするな」

 中西は、監督にそう言われ、申し訳なさで一杯だった気持ちが少しは救われた気がした。

とりあえず来年は頼んだよと伝えました(笑)

 このチームは、中西の影響を受けた選手が多く、このシーズンに限っていえば、まさに中西が背中を見せ、作り上げた集団だった。その中西が箱根を駆けたら……「たられば」はどこのチームにもあるものだが、それでもやはり1年間、絶好調で走り続けた中西の走る姿を見たかった。それは監督を始め、国学大のチーム全員の総意ではなかっただろうか。

 中西は、山本、平林に次の襷を託した。

「ふたりが4年生になった時、今年のチームよりももっと強いチームができあがると思うので、今年の経験を来年、再来年に活かして頑張ってほしいですね。ふたりには、とりあえず来年は頼んだよと伝えました(笑)」

 チームは、新しい世代が引き継ぐが中西の薫陶を受けた選手たちは残る。中西チルドレンともいえる山本が中西のような存在、あるいはそれ以上の選手になっていけば、キャプテンが残した言葉のように国学大史上最強のチームが2年後には見られるかもしれない。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
中西大翔
山本歩夢
平林清澄
上原琉翔
青木瑠郁
前田康弘
國學院大学

陸上の前後の記事

ページトップ