Number ExBACK NUMBER

箱根駅伝前日にまさかの「ノロウイルス」…“7年前の悲劇”で走れなかった駒大主将「最近笑えるように…」

posted2020/12/31 11:09

 
箱根駅伝前日にまさかの「ノロウイルス」…“7年前の悲劇”で走れなかった駒大主将「最近笑えるように…」<Number Web> photograph by Koomi Kim

現在はコニカミノルタの品質本部で働く撹上。関係会社に対し品質管理のレクチャーなどを行っており、コロナ禍の前は海外に出張することもあったという。

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph by

Koomi Kim

 発売中のNumber「箱根駅伝」特集では、追憶ノンフィクション「走れなかった主将たち」を掲載。駒澤大学の撹上宏光、明治大学の北魁道、青山学院大学の吉永竜聖という、キャプテンでありながらそれぞれの事情で4年時の箱根路への出場がかなわなかった3人のランナーに話を聞いた。ここでは誌面には掲載できなかった駒大の撹上のエピソードを紹介する。優勝候補一番手だったチームのエースは、7年前の出来事をどうとらえているのか?

 勤め先の会議室で、ひととおり話を聞き終えた直後のことだった。撹上宏光はふと表情をやわらげ、こんなことをつぶやいた。

「ほんと、笑い話にできたのは最近のことですね。それこそ競技を引退(2017年)してから。今の職場の方はみな事情を知ってくれているので、むしろイジりネタにしてくれて有り難いです」

 笑って話せるようになったのは、大学4年生で味わった挫折体験のことだ。駒大陸上競技部の主将であり、主力メンバーの1人でありながら、彼は最後の箱根駅伝を走れなかった。その事実を受け入れ、自分を許せるようになるまでに、相応の時間を要したということだろう。

 軽い口調ではあったが、言葉の持つ意味は重かった。話は、2013年の冬にさかのぼる……。

前日の異変「温水が水のように感じられ……」

 撹上が医師から「ノロウイルス」の診断を受けたのは、箱根の往路スタートを翌日に控えた元日午後のことだ。

 それまで何の兆候もなく、練習も普通にこなせていただけに、ショックが大きかった。だが、診断名を聞いて、はたと思い当たる節があった。たまたま主力メンバーに感染者は出ていなかったが、その2週間くらい前から陸上部寮でノロウイルスが流行りだしていた。そのウイルスがまさか、自分の身にも忍び寄っているとは思いもしないことだった。

 朝練後のシャワーで、温水が水のように感じられ、寒気を覚えた。朝食もほとんど食べられなかった。寒気は気のせいだと思うようにし、しばらく誰とも話さず寮の自室に閉じこもったが、体はますますだるくなっていく。最後の力を振り絞るようにしてコーチに電話をかけたのは、1時間半ほどひとりで葛藤を続けた後だった。

 すぐに救急外来に運ばれ、「ノロウイルス」の診断を受ける。頭の中が真っ白になった。

【次ページ】「テレビを見るのが辛かったです」

1 2 3 NEXT
駒澤大学
撹上宏光

陸上の前後の記事

ページトップ