Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[救世主の成長譚]田中碧「化け物になって戻ってくる」

posted2022/12/20 07:02

 
[救世主の成長譚]田中碧「化け物になって戻ってくる」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama/JMPA

スペイン戦で日本を救った24歳の歩みは、決して平坦ではなかった。幾度も壁にぶち当たり、その都度、前に進んできた。盟友の肩を抱いて涙に暮れたW杯を経て、サッカー小僧は覚悟を決めた。

 なかなかその場から動けなかった。

 120分の激闘の末にPK戦で敗れたクロアチアとの決勝トーナメント1回戦。途中出場でピッチに立っていた田中碧は、2人目のキッカーとしてPKを外しうつむく盟友の三笘薫を支えながら敗戦の瞬間を見届けた。歓喜に沸くクロアチアの選手たちに視線を注ぎつつ、険しい表情を浮かべたまま、静かに涙を流していた。

「プロを目指し始めた時から、この大会に出ると決めていたわけではないですけど、毎日、本気でサッカーに向き合ってきた中で、これしかできなかったのかという悔しさをすごく感じています。自分の不甲斐なさ、力の無さを、このW杯に出たことで感じているところです」

 スペイン戦の値千金の決勝点で日本の窮地を救った24歳のこれまでの歩みは、順風満帆とは言い難かった。

 2017年、プロ1年目の田中を初めて見た時の印象は「線が細くて、静かな子」だった。もともとボール奪取能力やパスの技術、ハードワークには定評があったが、フィジカル面に課題があった。普段は同期の若い選手たちと無邪気に戯れていても、怪我で出遅れた影響もあって紅白戦になかなか入ることができず、周りでいつも“止めて、蹴る”のトレーニングばかりしていたことを覚えている。こちらの質問に対しては、はっきりと自分の考えを伝えてくれる一方で、どこか感情が希薄な印象も受けた。そんな彼を見て、プロの舞台で結果を出していくには、少しばかり時間がかかるだろうと予想していた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3329文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

田中碧
川崎フロンターレ
鬼木達
守田英正
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ