欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

“古橋亨梧と旗手怜央W杯落選”に英国記者びっくり「クラブ内序列ではキョウゴが…」 監督は「レオは“日本だと若すぎる”のかも」 

text by

アレックス・オヘンリー

アレックス・オヘンリーAlex O’Henley

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2022/11/17 17:03

“古橋亨梧と旗手怜央W杯落選”に英国記者びっくり「クラブ内序列ではキョウゴが…」 監督は「レオは“日本だと若すぎる”のかも」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

古橋亨梧(左)と旗手怜央はW杯メンバー落選となったが、所属するセルティックでは主力として奮闘している

「日本代表の伝統からすると、レオのような選手はちょっと若すぎるのかもしれない」とポステコグルー監督は日本代表の選考について語った。

「レオにとって今大会は少し早すぎたのかもしれないが、彼は今後もその舞台を目指して邁進するはずだ。レオにはまだあと1、2回、チャンスがある。(現在27歳の古橋)キョウゴにも、あと1回はチャンスがあるはずだ。ふたりが惜しくも代表に選ばれなかったことは、私にとっても残念だ」

 欧州カップ戦のない後半戦で、ふたりがまた来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得すべく奮闘してくれることを期待している。

<前田評、鎌田評に続く>

#1から読む「カマダのセンスは“最強MF”デブライネに通じる」「もちろん長谷部誠も…」ドイツ紙記者が“ココだけに書く鎌田大地ガチ評価”

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
前田大然
セルティック
アンジェ・ポステコグルー
古橋亨梧
旗手怜央
森保一

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ