Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[中盤の軸が狙うもの]守田英正は勝負所を嗅ぎ分けられるか

posted2022/11/18 07:00

 
[中盤の軸が狙うもの]守田英正は勝負所を嗅ぎ分けられるか<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

渡欧から2年弱、今季はCLの舞台にも立ったMFは、いまや代表チームでも不可欠な存在となっている。微かな機を逃さずキャリアアップを続けるその嗅覚で、W杯でも日本のチャンスを見出すことができるか。

「ここという時のチャンスを掴み切る。その“ここという時”は、なんとなくわかるんです。本能的なものでもあり、経験から感じられるものでもあると思います」

 リスボンのよく晴れた秋の午後、画面越しのインタビューが中盤に差し掛かった頃に守田英正はそう答えた。こちらの質問は「キャリアのステップアップの過程で、困難を乗り越えるために心がけていることは?」だった。

 それはこの機会に、彼にもっとも訊いてみたいことのひとつだった。なぜなら守田のキャリアを振り返ると、あえて茨の道を選んだような気がする一方で、今となっては賢い選択だったようにも思えるからだ。

 流通経済大学から川崎フロンターレに入団し、3年間で2度のリーグ優勝を経験したあと、ポルトガルのサンミゲル島に本拠を置くサンタ・クララに移籍。そこで1年半プレーすると、今季からポルトガル3強のひとつ、スポルティングに引き抜かれ、今やレギュラーとして活躍している。

 日本随一のクラブから、欧州の僻地とも言える離島の中小クラブへの移籍は、都落ちとは言わずとも、完全なる格上げと捉えることはできなかったはずだ。だがそこで実力を証明したことで、日本代表のレギュラーに定着したうえ、国内有数の名門から誘われ、目標としていたチャンピオンズリーグにも出場した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3358文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

守田英正
スポルティング
ルベン・アモリム
カタールW杯
ワールドカップ
欧州チャンピオンズリーグ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ