プロ野球PRESSBACK NUMBER

佐々木朗希と“あの甲子園“以来のバッテリー「むちゃくちゃ緊張しました」ロッテ佐藤都志也(24歳)が驚いた1年前とは異次元のキレ  

text by

千葉ロッテマリーンズ取材班

千葉ロッテマリーンズ取材班Chiba Lotte Marines

PROFILE

photograph byChiba Lotte Marines

posted2022/09/09 11:00

佐々木朗希と“あの甲子園“以来のバッテリー「むちゃくちゃ緊張しました」ロッテ佐藤都志也(24歳)が驚いた1年前とは異次元のキレ <Number Web> photograph by Chiba Lotte Marines

8月26日の楽天戦で久しぶりに佐々木朗希(右)とバッテリーを組んだロッテ佐藤都志也(24歳)

 試合後の佐藤はロッカーの椅子に身を預けていた。捕手として試合に出場し、全身の疲れを感じながら勝利の余韻に浸る瞬間が、至福の時だ。

 モニターにはヒーローインタビューで話す佐々木の姿が映っていた。全91球。リードに魂を込めて臨んだ佐藤は、その様子を画面越しに微笑みながら嬉しそうに見つめていた。

「捕手は苦しいけど楽しい。明日、どういう風にリードしようかと寝る前に考えてもプラン通りにいかないこともある。それでも勝敗に直結するのでやりがいがある。もちろん100%はないけど、キャッチャーのリードで打たれる確率は減らすことが出来る。ピッチャーの人から『キャッチャーのおかげ』と言ってもらえるとすごく良かったと思える」

 そう言って佐藤はまた笑った。

 振り返れば、学生時代から「捕手」というポジションを望んでなったわけではなかった。配球に真剣に向き合うようになったのはプロに入ってから。マリーンズでの3年間で成功と失敗を交互に重ね、今は成長の過程にある。そしてこれからもチームの勝利の確率を高める最善の一手を見つけるために試行錯誤を繰り返す。いつしか様々な捕手陣がそろうマリーンズにあってレギュラー捕手と言われる存在となることを目標に掲げている。

朗希へのサプライズ返し「いつかやりたい」

 そしてもう1つ頭に思い浮かべるのは、プロ生活に不安を抱いていた頃に誕生日を祝ってくれた佐々木への“サプライズ返し”だ。

「なかなか機会がないですけど、いつか、なにかやりたいと思っているんですよ」

 グラウンドではユニホームを泥だらけにしてガムシャラな日々を送っているが、ひとたびマスクを外すと優しく律儀な若者が顔をのぞかせる。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
佐藤都志也
佐々木朗希
松川虎生
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ