甲子園の風BACK NUMBER

昨夏の王者・智弁和歌山がまさかの敗退…“背番号1”を重んじる中谷仁監督を悩ませた“ダブルエース”の存在「僕の経験不足」 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKYODO

posted2022/08/14 11:05

昨夏の王者・智弁和歌山がまさかの敗退…“背番号1”を重んじる中谷仁監督を悩ませた“ダブルエース”の存在「僕の経験不足」<Number Web> photograph by KYODO

春の近畿大会では大阪桐蔭の連勝記録を止めるなど、今年の夏も優勝候補の一角に挙げられていた智弁和歌山。勢いに乗る国学院栃木を前に悔しい敗退となった

 けれど監督の采配がすべてではない。選手も1人1人、自分の課題から逃げずに敗戦と向き合っていた。

 武元は、「監督には『しっかり思い切って、(捕手の)渡部(海)のミットに投げてこい』と言われました。でも自分のピッチングで流れを作れず、ピンチで粘れず、すごく悔いが残ります。甘くなった球を捉えられた。この2年半、ずっと練習してきたんですけど、まだ甘い部分があり、それがこの試合に出てしまったのかなと思います」と一言一言、噛みしめるように言った。

 昨年主力の1人として優勝を経験した、主将で4番の岡西佑弥は、この日、無安打に終わって最後の打者となり、涙にくれた。それでも試合後は冷静に振り返った。

「(国学院栃木は)うちのチームの塩路、武元をしっかりと捉えてきているあたりが素晴らしいチームだなと思いました。まだまだ個人として実力が足りていない、甲子園は、そういうことを知らせてくれる場所でした」

 キリリと前を見据えて答えるキャプテンのその姿に、“前年王者”の看板を背負い続けた意地とプライドが垣間見えた。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
智弁和歌山高校
中谷仁
武元一輝
塩路柊季
岡西佑弥
國學院栃木高校

高校野球の前後の記事

ページトップ