Number ExBACK NUMBER

「そんなこと、できるんですか?」清原和博が甲子園100回大会に向けた特別な思い「息子が生まれたとき、この子が高1になったら…」 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2022/07/30 17:02

「そんなこと、できるんですか?」清原和博が甲子園100回大会に向けた特別な思い「息子が生まれたとき、この子が高1になったら…」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

2016年に覚醒剤取締法違反で逮捕され、執行猶予中だった清原和博(2018年撮影)

「息子が生まれたときね、この子が高校1年生になったら100回大会なんやって、そう思ったんですよ」

   清原は黙っているあいだ、ずっとそのことを考えていたようだった。

「それでもし、息子が甲子園に出たら、ドラマチックやなって......」

 清原は部屋の大きな窓を見上げた。

 息子というのは2002年の夏に生まれた長男のことだった。中学に上がるまでは野球をしていたが、清原が逮捕された後に辞めた。それから父子は一度も顔を合わせていないのだという。 

「気になるなら、甲子園に行ったらどうですか?」

 もう叶うことのない夢を清原は語っていた。

「そうか、もう100回大会なんですね……」

 清原は何かを考え、躊躇っているようだった。私たち2人だけしかいない部屋にはいつものように沈黙が流れていたが、これまでとはどこか違っていた。無言の先に何かが待っているような気配があった。

「気になるなら、甲子園に行ったらどうですか?」

 気づけば私はそう口走っていた。

 清原は呆気にとられたような顔で私を見た。テーブルの上に視線を落としてから、確かめるようにもう一度、私を見た。

「そんなこと……できるんですか」

 感情を失った眼の奥が微かに揺れていた。

<#1、#2から読む>

『虚空の人 清原和博を巡る旅』(文藝春秋) 書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

【著者インタビュー動画】
「清原和博を追い続け、何が見つかったのか。ノンフィクション界話題の作家・鈴木忠平に聞く」 

#1から読む「おれ、やっぱりキヨハラが好きなんだよ」編集長のひと言から始まった清原和博を巡る旅「罪を犯した。でも、今までやってきたことがなしになるのは…」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
清原和博
桑田真澄
PL学園高校
享栄高校
宇部商業高校

高校野球の前後の記事

ページトップ