Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

216打席連続無三振…天才イチローを止めるのは誰だ? 雑草魂の左腕に訪れた千載一遇のチャンス「あのクソ生意気な打者に…」 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2022/06/25 06:01

216打席連続無三振…天才イチローを止めるのは誰だ? 雑草魂の左腕に訪れた千載一遇のチャンス「あのクソ生意気な打者に…」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

1997年シーズン、216打席連続無三振という異次元の記録を打ち立てたオリックスのイチロー。各球団のエースたちが三振を狙った

 だが、そんな下柳の前に現れたのがイチローだった。内角に投じても弾き返される。ようやく穴を見つけたと思っても、次の打席ではそこをヒットにされる。投げれば投げるほど自分の力が吸い込まれていくような、底知れない天才を抑えなければ“左殺し”という自分の生業は守れない。そこで浮かんだのがシュートだった。

「絶対に対戦する相手だから、この打者に嫌な思いをさせるにはどうしたらいいのかな、と。あのクソ生意気な(笑)。他の打者から『スライダーがあって、シュートもあったら嫌やな』という話を聞いたので、前の年の終わりくらいから練習していたんです」

 下柳はこれまで通り、打撃投手をやりながら新球を試していった。その中でいち早く、このボールの可能性に気づいたのが山下だった。

 そうして迎えた97年のシーズン、この6月25日の対決まで下柳はイチローにシュートを投げていなかった。

「まだほとんど試合で投げていなかったので、そこまで自信がなかったんです」

 下柳は新しい武器について半信半疑だったが、山下は本人以上に確信を持っていた。そして、イチローはそのボールの存在すら知らない。そういう状況で日本中が注目する無三振男との勝負は始まった。

(つづく)

#2に続く《伝説を止めた新球》イチローのバットが空を切った217打席目…下柳剛が語る“真っ直ぐの投げそこない”の真相「姑息ですね(笑)」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
イチロー
下柳剛
山下和彦
西口文也
オリックス・ブルーウェーブ
日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ