プロ野球PRESSBACK NUMBER

“阪神が好きすぎる俳優”間宮祥太朗28歳が語る、初始球式のウラ話「どんな球を投げるかより、いかに礼儀正しくするか」 

text by

谷川良介

谷川良介Ryosuke Tanikawa

PROFILE

photograph byMiki Fukano

posted2022/03/12 11:03

“阪神が好きすぎる俳優”間宮祥太朗28歳が語る、初始球式のウラ話「どんな球を投げるかより、いかに礼儀正しくするか」<Number Web> photograph by Miki Fukano

ドラマ『奇跡のバックホーム』で主人公の横田慎太郎を演じる間宮祥太朗さん(28)。試合も欠かさずチェックする“大の阪神ファン”である

間宮 横田さんに実際にスイングを教えてもらったことはとても貴重な時間でした。ただ確かに自分は野球経験者ではありますが、やっぱりプロの選手を演じるということは難しかったですね。何より横田さんは左投左打で、僕は右投右打。なかなか大変でした(笑)。

――実際に横田さんに会われて、率直にどんな印象を受けましたか?

間宮 ものすごくピュアで、心の透明度が高い方。原作の著書を読んで「奇跡のバックホーム」に行き着くまでにたくさんの葛藤があったことを知りましたし、決して「奇跡」だけで生まれたプレーではないこともよくわかりました。

 作中に「野球が上手いのがプロ野球選手ではない。応援されてこそ、プロ野球選手なんだ」というセリフがあったのですが、そこに全てが詰まっているなと感じます。志半ばで現役を引退されましたが、こうやってドラマが企画されるのは野球の技術だけではなく、横田さんの人柄があったからこそ。周囲の人たちに愛されていたんだなというところが一番印象に残っています。ファンの目線からすれば、もし今も横田さんがプレーを続けていたら、どんな活躍をしてたかな、と想像していますね。どんな外野の並びになるんだろうとか(笑)。

横田さんへ「モノマネをしようとは思っていません」

――今作では“実在する人物”を演じる難しさもあったと思います。

間宮 時代劇だったり、漫画や小説が原作の作品とはまた違ったプレッシャーがあったことは間違いないです。『麒麟がくる』(NHK大河ドラマ)で演じさせてもらった明智左馬助のことを深く知る人は今の時代にいませんが、横田さんのことを知る人たちはたくさんいます。その方々にどう見られるのかという怖さはずっとありました。

 だから「モノマネをしようとは思っていません」とご本人にも伝えたんです。単に話し方や動作を近づけるのではなく、横田さんがどう自分と向き合い、あの「奇跡のバックホーム」まで至ったかということを、純粋に伝えることが今回の自分のテーマだと思っていました。物語を伝えることが自分の役目。ただ、慣れ親しんだ野球、タイガースということもあって、横田さんの溢れる思いを表現するシーンでは上手く気持ちを乗せられたと感じる瞬間はありました。

――今作をきっかけに、また甲子園での“再登板”があるかもしれませんね。期待していいですか?

間宮 いやいや、始球式はプレッシャーがかかるんですよ……。それにもう139キロは出ないと思うんです。過度な期待は勘弁してください(笑)。

スタイリスト/津野真吾(impiger)   ヘアメイク/三宅茜 
衣装協力/DELUXE、HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE、BRAND SELECT

#1から読むプロになるために中学受験も…間宮祥太朗28歳が明かす「自分はプロ野球選手にはなれない」と悟った“中2の記憶”

関連記事

BACK 1 2 3
間宮祥太朗
阪神タイガース
横田慎太郎
佐藤輝明

プロ野球の前後の記事

ページトップ