JリーグPRESSBACK NUMBER

プロポーズ直後の試合が、あのゼロックス杯…“嫌われた審判”家本政明48歳、大バッシング騒動を支えた妻への感謝とこれからの野望 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2022/01/13 17:02

プロポーズ直後の試合が、あのゼロックス杯…“嫌われた審判”家本政明48歳、大バッシング騒動を支えた妻への感謝とこれからの野望<Number Web> photograph by J.LEAGUE

ラストマッチのピッチに入場する家本主審。試合後に映像を見直してつけた自己採点は「9.5」

 第一線を退いてからは、トップレフェリーの経験を活かしてサッカーの魅力を高めていく活動に入る。ただ、現段階でも具体的にはまだ何も決まっていないという。

「本当にこれからなんです。だって誰もやったことのないことをやろうとしているので。自分で何かアクションを起こしたり、発信したり、メディアに出たり……いろいろとチャレンジしていきたいとは思っています」

 レフェリーの仕事は試合の振り返りまでが一括り。この先に担当試合がないと分かっていても、それが家本政明という人間だ。

 翌日いつものように1.5倍速で自分のレフェリングをチェックした。

 判定はどうか、自分のポジショニングはどうか、試合の流れをちゃんとつかめていたか、ノイズを立てていなかったか。

 どの項目も、「◎」をつけることができた。10点満点の自己採点で、なかなか出せない「9.5」をつけることができた。

 次にノーマルの速度、「サッカー目線」で振り返った。

 スリリングでスピーディーで魅力的で。一番間近で見てきたはずなのに、ゾクゾクしてくる自分がいた。

 次なる己の使命が何か、あらためて背中を押された気がしていた――。

#1から読む「嫌われた審判」の引退試合に“最高のサプライズ” 異例の釈明会見、無言電話…家本政明はあの大バッシングをどう乗り越えたのか?

関連記事

BACK 1 2 3
家本政明
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ

Jリーグの前後の記事

ページトップ