JリーグPRESSBACK NUMBER

和製ロナウド矢野隼人の引退後10年。
自らの挫折を伝えるS級指導者に。

posted2018/10/03 07:00

 
和製ロナウド矢野隼人の引退後10年。自らの挫折を伝えるS級指導者に。<Number Web> photograph by Tetsuro Kaieda

帝京高、ヴェルディで大きな注目を集めた矢野隼人。彼は今、育成年代の指導者としてキャリアを積んでいる。

text by

海江田哲朗

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

PROFILE

photograph by

Tetsuro Kaieda

 矢野隼人の名を記憶に留めている人はどれほどいるだろうか。

 1998年、帝京の超高校級ストライカーとして注目を集め、全国高校サッカー選手権大会で準優勝。1999年、高3で日本サッカー協会強化指定選手(現JFA・Jリーグ特別指定選手)となり、ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)でJリーグデビュー。2000年、V川崎に加入し、いきなり9番のユニフォームを渡された。

 海外サッカーがいまよりずっと強い憧れとロマンをもって語られていた時代、そこかしこに何人もの和製〇〇が生まれた。矢野はその風貌とプレースタイルからブラジル代表の怪物ストライカーであるロナウドに喩えられ、盛んにメディアで取り上げられた。

 ほとんどはうたかたの夢と消え、矢野もまたそのひとりとなる。

 Jリーグ通算11試合0得点。2002年、東京Vで現役引退を決めた矢野が残した足跡のすべてだった。

「刈谷から全国で通用する選手を」

 以降、矢野の歩みは紆余曲折あった。サッカー界から完全に離れて中古車のセールスマンとなり、2007年JFLのFC刈谷で現役復帰、しかし腰を痛めて2年後に2度目の引退。ほぼ同時に立ち上げられた中学生年代の街クラブ、ホペイロ刈谷(現刈谷JY)で指導者の道に入った。

「一度はサッカーを嫌いになって辞めたんです。だから、未練はありませんでした。刈谷で現役復帰し、残念ながらいい結果を残せませんでしたが、この選択に後悔はないですね。それまで大人の言葉に従ってサッカー人生を歩んできた僕が、初めて自分で決めたことでしたから。

 己の力で這い上がり、Jリーグの舞台に戻りたかった。今後は育成年代のスペシャリストになるのが目標です。刈谷から全国で通用する選手を育てたい」

 そう語っていた冬の日から、およそ10年の歳月が流れている。

【次ページ】 世代別の常連・山田寛人を育成。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東京ヴェルディ
帝京高校
矢野隼人

Jリーグの前後のコラム

ページトップ