マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

オリックス山本由伸23歳、5年前“ドラフト4位”まで他の11球団は指名しなかった…他球団スカウト「当時177cmでちょっと小粒に見えた」

posted2021/12/10 17:05

 
オリックス山本由伸23歳、5年前“ドラフト4位”まで他の11球団は指名しなかった…他球団スカウト「当時177cmでちょっと小粒に見えた」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

今季26試合に先発して18勝5敗、防御率1.39。満場一致で沢村賞に選ばれたオリックス、山本由伸(23歳)

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

  今季、自身初の開幕投手を務め、26試合に先発して18勝5敗、防御率1.39。最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率……と投手の主要タイトルを総なめ。満場一致で沢村賞に選ばれたオリックス、山本由伸(23歳)。5年前のドラフト会議、その指名順位は4位だった。

 オリックス、山本由伸投手の都城高校当時の姿を見たことはない。

 しかし、見に行ったことはある。

 あれは確か、山本が高校3年の春だったろう。

 宮崎県大会、清武運動公園。2月はオリックスのキャンプ地になる球場だ。

 その日、都城高は第2試合だった。前の晩からの雨がまだ残っていて、グラウンドコンディションが良くない中で、第1試合を強行。なんとか試合終了まで持ち込んだところで、雨が強くなった。

 観客の多くは、屋根のある場所に避難して雨を避けているが、ネット裏、スカウトたちの集団だけは、徐々に強くなる雨にも、傘をさして座ったまま動かない。

 次の試合、都城高・山本の球筋を確かめるために、朝から陣取った大切な「仕事場」なのだ。

 試合前のシートノックもできないほど、グラウンドに水が浮いて、「たいへん残念ではございますが……」と、第2試合順延のアナウンスが流れても、スカウトたちが動かない。

「なんだよ~。残念なのは、こっちのほうだよ」

 誰かの“泣き”が聞こえて、ようやく帰り支度を始めたスカウトのひとりが、

「明日は見られないんです、他のところで見たい選手いるんで。みんな、そうですよ。この時期、九州じゅうで県大会ですから」

 縁がなかったってことじゃないですか……背中でそう言い残して、階段をのぼっていくスカウトたちの足どりの重さが、彼らの無念さをそのまま表している。

5年前のドラフト、山本由伸は4位指名だった

 前年の夏、都城高・山本はすでに「150キロ」をクリアしており、九州トップ3とも、四天王とも呼ばれていた。皆、少なからず期待を胸に、このネット裏に集まったはずだった。結局、左わき腹を痛めていたといわれた山本由伸はマウンドに上がらず、スカウトたちも、その成長ぶりを確認できないまま、最後の夏も、県予選の2戦目で早々に敗れた。

 そんな巡り合わせが、ドラフト候補としての彼の存在感に関わっていたのかもしれない。

 2016年のドラフトは4位指名だった。

【次ページ】 スカウト「当時177cmでちょっと小粒に見えた」

1 2 3 NEXT
山本由伸
オリックス・バファローズ
宗佑磨
紅林弘太郎
都城高校
藤平尚真
今井達也
T−岡田
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ