熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

森保ジャパン11人の市場価値85億円、ブラジルは548億円 CL出場日本人は南野拓実だけ…強豪国との比較で浮かぶ《個の能力差》

posted2021/11/14 17:00

 
森保ジャパン11人の市場価値85億円、ブラジルは548億円 CL出場日本人は南野拓実だけ…強豪国との比較で浮かぶ《個の能力差》<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto/JMPA

オーストラリア戦の日本代表、先発メンバーの市場価値は約85億円だった

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto/JMPA

日本サッカーは果たして本当に「世界の列強に伍する」実力を手に入れられるのか。育成という観点から、南米超大国のブラジル在住ライターが記した記事をお届けする(全4回の第1回)

 ブラジル代表やアルゼンチン代表の試合を見ていて、ため息が出ることがある。

 メッシ、ネイマールらピッチに立っている選手のプレーはもちろんすごいのだが、ベンチに座っている選手の顔ぶれが豪華絢爛なのだ。

最強級GKアリソンが控え、好調ビニシウスも

 たとえば、10月15日に行なわれた2022年W杯南米予選のウルグアイ戦で、ブラジルはネイマール(PSG)、今、売り出し中のラフィーニャ(リーズ)らが躍動して4-1で宿敵を粉砕した。

 この試合ではGKエデルソン(マンチェスター・シティ)が先発したので「世界最高のGK」とも言われるアリソン(リバプール)はベンチに座ったまま。今季、レアル・マドリーで絶好調のビニシウスも先発を外れ、途中出場すらしなかった。

 また、この試合ではボランチのカゼミーロ(レアル・マドリー)が故障のため欠場したのでファビーニョ(リバプール)が先発して見事なプレーを見せたが、11月11日のコロンビア戦では故障が癒えたカゼミーロが先発に復帰し、ファビーニョは控えに逆戻り。終盤、守備固めで数分間出場しただけだった。

 GKと同様、この2人もこのポジションで世界トップレベルの名手だが、代表ではどちらかベンチに座らざるをえない。

アルゼンチンもディバラが招集外になるほど

 一方、アルゼンチンは同じ日にペルーと対戦し、1-0で勝利。メッシ、ディマリア(いずれもPSG)らが先発したが、ホアキン・コレア(インテル)、アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリー)らはベンチ。ホアキンは途中出場したが、アンヘルは出番がなかった。パウロ・ディバラ(ユベントス)に至っては、招集外だった。

 ブラジルもアルゼンチンも、ほぼすべてのポジションに世界のトップ選手が何人もいる。W杯でベスト8以上を狙えるチームが、3つ、4つ作れそうだ。

 中堅国以下の代表ならエースが務まるであろう名手が、ピッチに立てなかったり招集すらされなかったり。「いらないんだったら、貸してくれよ」と言いたくなる。

 Jリーグが創設された1993年、日本人で海外でプレーする選手は1人もいなかった。あれから28年。今では、欧州でプレーする日本人選手は数十人にのぼる。

【次ページ】 定位置を掴んだ冨安、久保はレアル復帰へ……

1 2 3 4 NEXT
南野拓実
リバプール
冨安健洋
アーセナル
久保建英
ロドリゴ
レアル・マドリー
ビニシウス
カタールW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ