マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「今のプロ野球は1、2番タイプの野手ばかりで…」プロ野球スカウトのリアル評価 今秋ドラフト候補《7人の社会人野手》 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2021/07/24 17:05

「今のプロ野球は1、2番タイプの野手ばかりで…」プロ野球スカウトのリアル評価 今秋ドラフト候補《7人の社会人野手》<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

今秋のドラフトで注目の候補、NTT西日本・藤井健平外野手(23歳・175cm75kg・左左・東海大)

「今のプロ野球で、低迷してるチームって、クリーンアップ弱くないですか? 毎年、選手獲ってるのに、こんなもんかって思わないですか」

 いやいや、そんな失礼なこと、思ったこともありませんよ。

「過去のある時期から、まず足と肩がないとダメっていう“足切り”みたいなことをしてきた結果、1、2番タイプみたいな野手ばかりになってしまっている。打の一芸っていうのかな……いわゆる“バットマン”っていう存在が極端に少なくなってるっていうのが、今のプロ野球の現実じゃないですか」

【野手編2】「動ける巨漢」大阪ガス・末包昇大右翼手(25歳)

 向山でもいいと思うけど……と前置きして、このスカウトが推したのは、大阪ガス・末包昇大右翼手(25歳・187cm110kg・右右・東洋大)という巨漢外野手だった。

「26歳から一軍に割り込んでいけるとしたら、これぐらいのスケールがほしい。私、東洋(大学)の頃から面白いと見てました」

 動ける巨漢。

 東洋大当時の末包選手を見た私の印象だ。これだけのサイズで、動くことに横着じゃない。末包選手に声をかけていたある社会人チームの監督が、「大阪ガス内定」の報に痛く悔しがったことを知っている。

「あの体で、一塁に出れば、リードをとってからボークを誘うような動きを繰り返して、結局スチールを決めてる。捕球からスローイングに移るスムースな動き。コンパクトなスローイングの精度も高い。ウチの外野陣のシートノックに混ぜたイメージ作っても、見劣りしませんね。その上、あの割りばし振ってるみたいなスイングですよ。山崎武司(元中日、オリックス、楽天)さんのスイングですよ。さっきだって、ライトポール下のフェン直(フェンス直撃)でものすごく悔しがってましたよね」

 大学時代からの課題だった「打」がすごく向上しているという。

「スイングで頭が動かなくなって、タイミングも精度も格段に上がってます。フルスイングしてもタイミングが合ってるし、あれだけ振られたら、ファールだって投手は怖い。プロに入っても、きっとクリーンアップしか似合わない選手になれると見てるんです」

 スカウトの方にしては珍しく、かなり確信を持って、バットマン・末包昇大を推す。

【次ページ】 【野手編3】「北海道4ホーマーだが…」JFE東日本・猪田和希捕手(21歳)

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
向山基生
末包昇大
猪田和希
福永裕基
中川智裕
藤井健平
正木智也
水野達稀
松川虎生

プロ野球の前後の記事

ページトップ