Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

マイケル・オーウェン「マドリーでも、ユナイテッドでもなく」~ワンダーボーイが語るマイ・リバプール論~

posted2021/02/27 08:00

 
マイケル・オーウェン「マドリーでも、ユナイテッドでもなく」~ワンダーボーイが語るマイ・リバプール論~<Number Web> photograph by Getty Images

'01年のニューカッスル戦、本拠地アンフィールドでハットトリック。この年にはリバプールの選手として初のバロンドールを受賞した

text by

サイモン・マロック

サイモン・マロックSimon Mullock

PROFILE

photograph by

Getty Images

17歳でデビューを果たした早熟の快足ストライカーにして、リバプール史上唯一のバロンドーラー。数々のビッグクラブを渡り歩いた天才にとっても、レッズでの8年は特別だったという。

――君はリバプール時代、点取り屋として幾多の記録を塗り替えた。ベストゲームを挙げるとすると、どれになるだろう?

「リバプールは、僕にとって特別なクラブなんだ。レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドのような他のビッグクラブに所属していたこともあるけど、キャリアを通じて一番幸せな時期を過ごしたのは、やはりリバプール時代だからね。

 印象深い試合もたくさんあるよ。たとえば1997年の5月、僕は17歳の時にウィンブルドン戦でプレミアにデビューして、いきなり初ゴールを決めることができた。あの時の興奮は今でも覚えているし、翌年、初めてゴールデンブーツ賞(得点王)を獲得した感動も忘れられない。

 でもあえて一つ挙げるとするなら、2001年、アーセナルと戦ったFAカップ決勝かな。0-1でリードされる苦しい展開になったけど、僕は残り10分で2ゴールを決めて、初めてビッグタイトルを味わうことができた。さらにあの年はリーグカップやUEFAカップでも優勝して、カップ戦の三冠も達成したわけだから」

――逆に最も悔いが残る試合は?

「悔いが残ったわけじゃないけど、'04-'05シーズン、リバプールが欧州CLで優勝した時は、かなり複雑な気持ちになったね。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2400文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

マイケル・オーウェン
リバプール
レアル・マドリー
マンチェスター・ユナイテッド
ユルゲン・クロップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ