プロ野球PRESSBACK NUMBER

【自主トレ】ダル&田中&藤浪のコラボや福島千里に弟子入り、バレエ挑戦に生肉で胃袋強化…謎練習の意図は?

posted2021/01/15 11:02

 
【自主トレ】ダル&田中&藤浪のコラボや福島千里に弟子入り、バレエ挑戦に生肉で胃袋強化…謎練習の意図は?<Number Web> photograph by JIJI PRESS

2020年の自主トレで、田中将大は松井裕樹(左)や則本昂大らと汗を流していた

text by

高木淳

高木淳Jun Takagi

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

 シーズン開幕に向けたプロ野球選手の自主トレ。2021年は新型コロナウイルス禍で通常と違う状況となっているが、その過ごし方は例年、選手によって様々だ。国内の温暖な地へ、気分を変えて海外へ、所属チームの施設で。1人で黙々と体を動かす選手もいれば、合同でトレーニングする選手もいる。

 テーマも長打力や確実性を上げるための肉体や打撃フォーム改造、新しい球種の習得など多岐にわたる。

 複数の選手が一緒にトレーニングする合同自主トレでは、普段は別のユニフォームを着るビッグネームの“コラボ”が大きな話題となる。

岩隈はスプリットを若手に伝授した

 2016年には当時レンジャーズのダルビッシュ有と、ヤンキースの田中将大のトレーニングに阪神の藤浪晋太朗も参加した。また、ダルビッシュや田中、岩隈久志のように実績があり、決め球の変化球を持つ投手に対して、若手は弟子入りを志願する。そして多くの場合、エースと呼ばれる投手は包み隠さずにコツを伝授する。

 例えば、スプリットを自在に操った岩隈は「ボールをしっかり挟むのではなく、人差し指と中指をボールの縫い目に合わせて握る」、「ボールを落とそうとはせずに、低めにストレートを投げるような意識。そうすれば自然と落ちる」とキャリアの浅い若手や、生き残りをかける後輩らに伝家の宝刀を惜しみなく教えていた。

鉄平は福島千里の“門下生”に

 別の競技のアスリートと一緒にトレーニングすることで、打撃や投球、守備や走塁のヒントを得ようとする選手もいる。現役時代、首位打者にも輝き、現在は楽天の一軍打撃コーチを務める鉄平は2011年オフ、陸上女子短距離のエースだった福島千里の"門下生"となった。

 福島は100メートルと200メートルの日本記録保持者で、2008年の北京から3大会連続でオリンピックに出場。当時、トレーニングに使用していたのが「レッドコード」と呼ばれる赤いロープだった。

【次ページ】 盗塁のためのスタートダッシュを

1 2 3 4 NEXT
ダルビッシュ有
田中将大
藤浪晋太郎
鉄平
福島千里
田中浩康
福山博之
東北楽天ゴールデンイーグルス
横浜DeNAベイスターズ
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ