JリーグPRESSBACK NUMBER

移籍1年目の山根視来が見たフロンターレの異質さ 何連勝しても「反省が先」、指揮官が求める「1試合3点」 

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2020/12/25 17:01

移籍1年目の山根視来が見たフロンターレの異質さ 何連勝しても「反省が先」、指揮官が求める「1試合3点」<Number Web> photograph by J.LEAGUE

ベストイレブンに選出されるなど、移籍1年目から川崎にフィットした山根視来。充実した時間の中でも「満足していない」と語った

鬼木監督が課した「1試合3ゴール」

 そして極め付けは指揮官である。今季、鬼木監督がチームに課したミッションは「ノルマ3点」。世界を見渡しても1試合で3得点を奪えと要求する監督はそうそういない。そんな普通なら考えられない、まるで漫画の世界のような目標に対して選手たちは邁進したわけだが、シーズン途中、山根はこれを掲げた指揮官に再び疑問を投げかけていた。

「もちろん笑い話ですけど、『毎試合ノルマ3点と言っていますけど、おかしくないですか?』と話をしました(笑)。そのとき、鬼さんは『え? そうか?』みたいな感じでしたね。冷静に考えてください。基準をどこに見ているのかと(笑)。でも、これが結局つながっているんです。ノルマ3点があるから、もっと圧倒できたはず、みたいな思考になる。鬼さんが設定する基準が高くて、どれだけ圧勝していても1失点していたら歯切れが悪い。そういうモチベーションをチームに与えてくれるのは、鬼さんの凄さでもあるのかなと思います。そういう空気だからこそ、1つの勝利に満足しないし、誰もが自分に矢印を向けていたんだと思いますね」

 大勝したとしても選手も指揮官も満足した表情すら見せず、反省ばかりを口にする。かつて対戦相手として対峙したことがある山根は、相手が思う感情を理解しながら「そこに悪意があるわけではなくて、本当に上だけを目指してやっている。だからこそ、たちが悪いと思います」と言い切った。

圧倒的な優勝の裏にあったもの

「連勝して少し調子が良くなるとうわつくというか、快勝したら次の試合で内容が悪くなって負けてしまうことは過去にもありました。ただ、今年はそういう空気が自分の中にも生まれなかった。本当に気付いたら10連勝していた感じです。楽な試合もなかったし、慢心もなかった。相手を下に見ているとかではなく、活躍しないと試合に出られなくなるという危機感を誰もが持ち続けていたから、これだけ勝ち続けられたんだと思います」

 圧倒的な優勝の裏に勝利に溺れない高き志があった。それは選手だけでなく、監督やスタッフもそう。もっと結果を出したい、ポジション争いに負けたくない、もっとうまくなりたい。その思いがひとつずつ重なって大きな結果に結実した。

 現状に満足せず、首位に立ってもさらに上を目指し続けた異質なチーム。彼らが残した軌跡が、今後の日本のサッカーに大きな影響をもたらすことを期待している。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
山根視来
川崎フロンターレ
鬼木達

Jリーグの前後の記事

ページトップ