球道雑記BACK NUMBER

澤村拓一とトレードの香月一也って? 亡き父譲りの明るさ、理想の打者像はあの大阪桐蔭の大先輩。

posted2020/09/08 16:15

 
澤村拓一とトレードの香月一也って? 亡き父譲りの明るさ、理想の打者像はあの大阪桐蔭の大先輩。<Number Web> photograph by Ryotaro Nagata

巨人へのトレードが決まった香月一也。プロ6年目の24歳、右投げ左打ち。パンチ力ある打撃が魅力だ。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

Ryotaro Nagata

 試合が終るといつも決まって、彼はそこに立っていた。

 二軍の本拠地、ロッテ浦和球場の室内練習場。右奥のマシン打撃の場所。試合で打てた日も、打てなかったときも、まるでそれが彼のルーティンでもあるかのように、いつもそこへやって来ては、ひたすらバットを振っていた。

 マリーンズ寮にいる若手選手の中でも指折りの練習量。球場から寮に帰宅するのはいつも決まって夕方6時を過ぎてから。

 そんな男だからこそ、周囲の先輩達が放ってはおかない。今でも筆者の記憶に残っているのは、現二軍ヘッド兼打撃コーチの福浦和也が自身の引退試合を終えた翌日に、彼を呼び寄せマンツーマンで指導をしていた姿だ。それだけ周囲の気持ちを動かす熱い心を持っている。

 それがこの度、巨人への交換トレードが決まった香月一也という男の強みだ。

見た目はゴツいが、愛くるしい。

 2015年に大阪桐蔭高校からドラフト5位でロッテに入団。高校の先輩でもある西武の森友哉を、公私ともに慕い、オフの日に食事をごちそうしてもらった話や、一緒に流行りの映画を見に行った話など、いつも嬉しそうに話してくれた気の良い男だった。

 見た目はゴツイがイメージとは少し違った愛くるしい性格もあって先輩にも関係者にも、何よりマリーンズファンに愛されていたのは間違いない。彼の周りには笑顔が絶えない。そんな風景をいつも目にした気がする。

【次ページ】 「人付き合い」を教えてくれた父。

1 2 3 4 NEXT
香月一也
千葉ロッテマリーンズ
読売ジャイアンツ
福浦和也
森友哉
中田翔
大阪桐蔭高校
澤村拓一
阿部慎之助

プロ野球の前後のコラム

ページトップ