欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

内田篤人が日本のペップになる日まで。『スラムダンク』が彼と世界のかけ橋だ。

posted2020/09/02 11:40

 
内田篤人が日本のペップになる日まで。『スラムダンク』が彼と世界のかけ橋だ。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

『スラムダンク』の魅力を語った内田篤人。バスケから、バドミントンから、柔軟にヒントを得ていった。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

「問題ないよ、ウッディ。映画は大好きだし、バスケットボールはどう? お望みならニックスの話をしようか」

『グアルディオラ総論』(マルティ・ペラルナウ著、ソル・メディア発行)の本編の冒頭にペップ・グアルディオラの言葉が載っている。話し相手は、著名な映画監督で、NBAのニューヨーク・ニックスのファンでもあるウディ・アレンだ(ウッディはニックネーム)。

 メキシコのドナドス・シナロアで引退したあと、ペップは休むまもなく、バルセロナBの監督を経由してトップチームの指揮をとった。バルサの監督を辞したあと、およそ1年の充電期間を、家族とともにニューヨークで過ごした。「それでも恋するバルセロナ」などの映画で知られるアレンとの会話は、ニューヨークで交わされたものだ。

 彼が、バスケットボール、ハンドボール、水球などからエッセンスを取り入れているのも有名だ。ポゼッションやポジショナルプレーへの想いがこの世で最も強い人間の1人であるように思われているが、柔軟な思考も持ち合わせている。

彼は日本のグアルディオラか。

 ペップは選手として、16個のトロフィーと1個の金メダル(地元開催バルセロナのオリンピック)を手にした。サッカー史に残るドリームチームの心臓としても活躍した。

 そして監督としては、現役時代を上回る計27個のトロフィーとシャーレをすでに掲げている。そんなカタルーニャの名将のキャリアを振り返ると、ある選手との類似性に気がつくのだ。

「子供の幼稚園のお迎えです。手をつないで、一緒に幼稚園の送り迎えができたら最高だなと思います」

 引退会見で今すぐにやりたいことを語った内田篤人は、充電期間を経て次のステップを探ることになる。彼は、日本におけるグアルディオラになれるかもしれない――。

【次ページ】 「『スラムダンク』のことわかってる?」

1 2 3 4 5 NEXT
内田篤人
ペップ・グアルディオラ
スラムダンク
マイケル・ジョーダン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ