欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

FA杯制覇もアーセナルがゴタゴタ。
強化部長解任に長引くエジル問題。

posted2020/08/25 19:00

 
FA杯制覇もアーセナルがゴタゴタ。強化部長解任に長引くエジル問題。<Number Web> photograph by Getty Images

FA杯制覇で苦悩のシーズンを締めくくったアーセナルだが、2020-21シーズンも前途多難なのだろうか。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 素敵なフィナーレだった──。

 プレミアリーグでは不本意すぎる8位に終わったものの、FAカップでは史上最多となる14度目の戴冠。ブカヨ・サカ、ガブリエウ・マルチネッリ、キーラン・ティアニーといった若者が台頭し、移籍の噂が絶えなかったピエール・エメリク・オーバメヤンも残留が濃厚になった。

 彼ら選手とミケル・アルテタ監督は太い絆で結ばれ、アーセナルは2020-21シーズンを意気揚々と迎えるはずだった。しかし……。

◆55人の従業員を解雇!?
◆ラウル・サンジェイ辞任
◆メスト・エジルの問題発言

 2019-20シーズン終了後、耳を疑うニュースが相次いだ。FAカップ優勝の感激は消え、不安ばかりが募ってくる。

 いったい、アーセナルになにが起きているのだろうか。

コロナ禍とはいえ従業員を軽視?

 新型コロナウイルスの影響で、アーセナルも大幅な収入減を余儀なくされた。関係者の努力によってプレミアリーグも再開→シーズン終了に至ったとはいえ、無観客のために入場料収入が断たれた。

 その結果、リクルート、スカウティング部門で貢献してきた者も含め、55人もの従業員が解雇される公算が非常に大きい。

 いま、世界中が新型コロナウイルスの恐怖に直面している。エコノミストの分析によると、世の中の経済が落ち着くのは3~4年後だそうだ。したがって、フットボール業界も規模を縮小しなくてはならない。コロナ以前の経営方針のままではクラブの崩壊に直結する。

 しかし、アーセナルを所有する『クロエンケ・スポーツ&エンターテイメント』(以下KSE)は、従業員を助けるそぶりも見せなかった。オーナーの投資に頼らないところがアーセナルの魅力とはいえ、新型コロナウイルスによる経済的なダメージを従業員が負うという構図は、大衆のヒンシュクを買うだけだ。

『KSE』のスタン・クロエンケ社長は、総資産100億ドル(約1兆円)ともいわれている。いまこそアーセナルを援助すべきだ。

【次ページ】 フロント要職が移籍市場真っただ中に。

1 2 3 4 NEXT
アーセナル
メスト・エジル
ミケル・アルテタ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ