セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ネイマールも絶賛したアタランタ。
地方クラブの夢物語は終わらない。

posted2020/08/20 20:00

 
ネイマールも絶賛したアタランタ。地方クラブの夢物語は終わらない。<Number Web> photograph by Getty Images

CLで決勝進出したPSGを苦しめたアタランタ。ネイマールもそのチーム完成度を絶賛するほどだった。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

「ピッツァを1000枚、ファンに喜んで奢るよ!」

 もしチャンピオンズリーグで優勝できたら? と問われたアタランタのMFデローンは、リスボンでのCLファイナル8トーナメントを前に、そう宣言していた。

 アタランタはパリSGとのCL準々決勝に臨み、1-2の逆転負けによって劇的に散った。だが、初出場の彼らが大会に残した印象は鮮烈だ。

 グループリーグ開幕3連敗後の大逆転突破は現行の大会方式で初の快挙だった。さらに、“初出場・初決勝トーナメント”を達成した2度目のイタリア勢という勲章も得た。

 新型コロナウイルスが欧州を直撃した2月のラウンド16では、通算スコア8-4でバレンシアを撃破。イタリア王者ユベントスとナポリがともにラウンド16で敗れたことで、唯一のイタリア勢となったアタランタへの期待は俄然高まった。

ネイマールの年俸≒チーム年俸総額。

 ただし、準々決勝の相手は石油マネーによる巨大戦力を誇るフランス王者のパリSGで、知名度も資金力も彼我の差は歴然だった。

 端的にいうと、ネイマール1人の年俸3600万ユーロ(税込)はアタランタ選手“全員”の手取り合計額と同じだ 。アタランタの年俸総額はボローニャやジェノアよりも少ない。

 パリの巨人に挑むアタランタは、大黒柱のFWイリチッチに加え、正守護神ゴッリーニも直前の故障で欠いていた。下馬評は圧倒的不利だった。

 しかし、“戦術の鬼”ガスペリーニが鍛えに鍛え上げたチームが今さら怯むはずがない。相手陣内でショートパスをつなぎながら攻め続ける“ハイリスク・ハイリターン”の攻撃スタイルを敢行したアタランタが27分、パリSGゴールを陥れた。先制点を挙げたのは、イリチッチの代役として先発したパサリッチだ。

 追うパリSGはセンターラインのプレスを厚くしたことにより中盤が拮抗、ゲームは引き締まった展開のまま後半へ突入した。だが60分、ムバッペの投入で流れが一気に変わった。空気と化していたイカルディはさておき、異次元のスピードで縦に突っ込む怪物を傍らに得たことで、それまで抑え込まれてきたネイマールも勢いを取り戻した。

 残り30分を切って、スコアは1-0(ウノ・ア・ゼロ)。アタランタは防戦一方になった。

【次ページ】 攻めまくってきたチームが耐える。

1 2 3 4 5 NEXT
アタランタ
ネイマール
パリ・サンジェルマン
マルテン・デローン
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ