Number ExBACK NUMBER

手越祐也が語るサッカーへの思い。
独立後に本田圭佑と“ウェブ会議”。 

text by

鈴木竜太

鈴木竜太Ryuta Suzuki

PROFILE

photograph byRyuta Suzuki

posted2020/07/31 19:00

手越祐也が語るサッカーへの思い。独立後に本田圭佑と“ウェブ会議”。<Number Web> photograph by Ryuta Suzuki

子供たちとのミニゲームにも“ガチ”で取り組む手越祐也。サッカー歴は28年にのぼる。

子供たちから「すげえ!」と驚嘆の声が。

 ドクロマークのイラストが描かれた黒いユニフォームは、手越が率いるフットサルチーム「TGS」の“戦闘服”だ。

 練習では穏やかな表情で「いいねえ」と子供たちのプレーに声を出していたが、ミニゲームに入ると表情は真剣そのもの。手越が披露する本格的なドリブルやフェイントに、子供たちからも「すげえ!」、「速い!」と驚嘆の声があがっていた。

「ジャニーズ事務所で誰と一番仲良かったんですか?」

 教室の最後には女の子からオフサイドぎみのこんな質問が飛び出した。

「ジャニーズ事務所で誰と一番仲良かったんですか?」

 手越は「NEWSのメンバー」と答え、その存在をこう表現した。

「家族とも友達とも違う、人生をともに歩んできた戦う友。サッカーでいうチームメイトみたいな存在かな。ただそのチームの中でも馴れ合うだけじゃなく(自分が)エースにならなきゃいけないし、切磋琢磨しながら一緒に進んでいくのがメンバーだった」

 また退所の発表会見でも話題になったあのポーズのリクエストに応え、全力の「ていっ!」を子どもたちの前で披露し、場を沸かせた手越。エースを目指した“ファンタジスタ”はピッチ上ではどこのポジションだったのか。

「小学生の時はフォワードだったんですが、点を取るのに飽きて守りたくなってゴールキーパーを2年やったこともあります。中学生からはオフェンシブハーフというポジションで、今はウィングか左サイドハーフ。

 15歳でデビューしてからは、さすがにスケジュールに余裕がなくなって、しばらく離れた時期もあったんですが、'06年に出演させていただいたドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(日本テレビ系)にたまたまサッカー好きな人が集まっていて、再びどっぷり浸かるようになった。

 僕は、主演の長瀬(智也)くんのチームに入れてもらったのですが、中打ち上げでフットサルをやったときの対戦相手がTGS。いま僕がキャプテンをやっているチームで、今日来てるWasseさんもメンバーなんです」

【次ページ】 メッシを間近で見て、衝撃を受けた。

BACK 1 2 3 4 NEXT
手越祐也
内田篤人
本田圭佑
田中順也
宇佐美貴史
リオネル・メッシ
ジョルディ・アルバ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ