Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<劇的一敗の研究>
屈辱の2ランスクイズ。
近江 vs. 金足農 2018

posted2020/08/13 07:30

 
<劇的一敗の研究>屈辱の2ランスクイズ。近江 vs. 金足農 2018<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

逆転サヨナラ勝利を喜ぶ金足農と、倒れ込む有馬。勝者と敗者のコントラストがくっきりと浮かび上がった。有馬は翌年も甲子園出場。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

吹き始めていた「カナノウ旋風」に頭脳明晰な2年生捕手も冷静さを失った。今も悔やむ、スクイズ直前の駆け引きとは。

2018年8月18日 準々決勝
近江  000 101 000 :2
金足農 000 010 002×:3

 有馬諒は近江の捕手として、春夏の甲子園で3回も負けている「幸せ者」である。しかも、そのうち2回はサヨナラ負け。いずれも見る者の記憶に残る、ドラマチックな負け方だ。2年春、星稜との3回戦では延長10回、奥川恭伸(現・ヤクルト)に劇的なサヨナラ打を浴びている。

 そして、2年夏の準々決勝、金足農に2ランスクイズを決められて逆転サヨナラ負けを喫した試合は特に大きな屈辱だった。

 現在、関西大1年生になった有馬が振り返る。

「自分を許せない試合でしたね。何もできなかったですから」

 この夏の近江は3人の3年生投手に、2年生左腕・林優樹(現・西濃運輸)を加えた強力投手陣と鉄壁の守りで勝ち進んでいた。智弁和歌山、前橋育英、常葉大菊川といずれも甲子園優勝経験のある高校を破り、準々決勝進出を果たす。

 一方の金足農も、最速150kmのエース吉田輝星(現・日本ハム)が3試合連続2ケタ奪三振と快進撃を続けていた。あと3勝で東北勢として初めて深紅の大優勝旗を手にできるとあって、大会の主役になりつつあった。

 試合が始まると、前日の横浜戦で164球を投げた吉田に若干の疲れが見えた。秋田大会から1人で投げていた吉田から、近江打線は2点を奪う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1243文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

有馬諒
近江高校
金足農業高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ