欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

薄幸の点取り屋ベンゼマの美学。
「ナンバーワンでなくてもいい」

posted2020/07/29 11:40

 
薄幸の点取り屋ベンゼマの美学。「ナンバーワンでなくてもいい」<Number Web> photograph by Getty Images

「BBCトリオ」の中で、最も長くマドリーに貢献するのがベンゼマだと見抜いていたのはジダン監督くらいだろう。

text by

吉田治良

吉田治良Jiro Yoshida

PROFILE

photograph by

Getty Images

 薄幸のストライカーである。

 素晴らしい才能の持ち主であることは、誰もが知っている。ところが、なぜか主役の座が巡ってこない。スポットライトを浴びかけると、いつも見えざる力に邪魔をされるように、日陰へと追いやられるのだ。

 2000年代にリーグ・アン7連覇を成し遂げた黄金期のリヨンで頭角を現したカリム・ベンゼマが、激しい争奪戦の末にレアル・マドリーに引き抜かれるのは'09年の夏、彼が21歳の時だった。

 もっとも、2007-08シーズンに20歳でリーグ・アン得点王に輝いた逸材も、“白い巨人”にあっては補強の目玉ではなかった。

カカ、ロナウドが目玉補強だった。

 この'09年の6月に会長職に返り咲いたフロレンティーノ・ペレスは、第1次政権時代と同じくビッグネームを買い集めることで、強いマドリーを取り戻すと公言。いわゆる「第2次ガラクティコス(銀河系軍団)」を築き上げるべく、補強費として2億6740万ユーロ、およそ320億円という巨額を投じたのだ。

 そこでメディアの話題をさらったのは、マンチェスター・ユナイテッドから9400万ユーロ(約129億円)で強奪したクリスティアーノ・ロナウドであり、ミランから6500万ユーロ(約88億9000万円)で獲得したカカだった。

 本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われた彼らの入団会見には、それぞれ10万人、5万人というサポーターが大挙して押し寄せたが、移籍金3500万ユーロ(約47億8000万円)のベンゼマは当時、まだ期待の若手の1人に過ぎず、それほど大きな注目を集めることもなかった。

 こうして迎えた1年目の2009-10シーズンは、なかなかスペインの水に馴染めず、またゴンサロ・イグアインという強力なライバルの存在にも出場機会を阻まれ、27試合で8ゴールに終わる。

【次ページ】 モウリーニョもあまり信頼を寄せず。

1 2 3 4 5 NEXT
カリム・ベンゼマ
レアル・マドリー
ジネディーヌ・ジダン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ