酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

週刊セパ好成績&珍記録まとめ。
打棒爆発の山川と岡本……大瀬良!? 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/06/30 11:00

週刊セパ好成績&珍記録まとめ。打棒爆発の山川と岡本……大瀬良!?<Number Web> photograph by Kyodo News

開幕戦でプロ初本塁打を放った大瀬良大地。先週の中日戦でも、まさかの2戦連続のマルチ安打をマーク!

セの先発は好投が多かった一方で。

○投手成績
<最多勝利>
1勝:大瀬良大地・森下暢仁・九里亜蓮(広)、今永昇太・濱口遥大・坂本裕哉・平良拳太郎・井納翔一(De)、サンチェス・戸郷翔征・澤村拓一(巨)、青柳晃洋・伊藤和雄(神)、スアレス・中澤雅人・長谷川宙輝(ヤ)、吉見一起(中)

<最多セーブ>
2セーブ:デラロサ(巨)、山崎康晃(De)

<最多ホールド>
3ホールド:石田健大(De)

<最多奪三振>
9奪三振:九里亜蓮(広)

<防御率(規定投球回数以上)>
1 今永昇太(De)0.00
1 濱口遥大(De)0.00
1 九里亜蓮(広)0.00
1 高梨裕稔(ヤ)0.00
1 坂本裕哉(De)0.00
1 スアレス(ヤ)0.00
1 サンチェス(巨)0.00
1 青柳晃洋(神)0.00
1 秋山拓巳(神)0.00

<PR(投手総合指標)5傑>
1 濱口遥大(De)3.74
2 今永昇太(De)3.59
3 九里亜蓮(広)3.14
3 高梨裕稔(ヤ)3.14
5 大瀬良大地(広)3.04

 セ・リーグでは今週、先発して6回以上0封した投手が9人もいた。それでいてリーグ防御率は4.04。つまり救援投手がよく打ち込まれたということになる。

山崎康晃が初の牽制球後に……。

 6月25日ヤクルト-阪神戦の阪神・藤川球児、6月27日のDeNA-阪神戦のDeNA山崎康晃と絶対的なクローザーが被弾して黒星を喫した試合もあった。

 6月27日の山崎はプロ入り6年、306試合目で初めて牽制球を投げた。しかしその直後に逆転弾を食らった。どんな心模様があったのか、興味深い。

 ここまで12球団通じて「完投」は2。広島の大瀬良大地が2試合連続で完投しているだけだ。各球団が過密な日程に配慮して、先発投手を温存する傾向にある中、佐々岡新監督は大瀬良だけは最後まで投げさせている。

【次ページ】 大瀬良が2試合連続マルチ安打!

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
千葉ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ
山川穂高
埼玉西武ライオンズ
岡本和真
読売ジャイアンツ
山崎康晃
横浜DeNAベイスターズ
タイラー・オースティン

プロ野球の前後のコラム

ページトップ