フランス・フットボール通信BACK NUMBER

史上最高のワールドカップはどの回だ?
後編・イタリアは砕け散るだろう。 

text by

エリック・フロジオ&ヴァレンティン・パウルッツィ

エリック・フロジオ&ヴァレンティン・パウルッツィEric Frosio et Valentin Pauluzzi

PROFILE

photograph byL'Equipe

posted2020/06/30 11:45

史上最高のワールドカップはどの回だ?後編・イタリアは砕け散るだろう。<Number Web> photograph by L'Equipe

父と同じサッカー選手としての道を進んだアレッサンドロ・マッツォーラ。イタリア代表としてメキシコW杯決勝ではブラジルとぶつかった。

栄光の瞬間、キャリアの頂点。

――ブラジル、リオへの凱旋は、結果的にエミリオ・ガラスタズ・メディシ軍事政権を強化することにもなりました。不快だったのではありませんか?

T:その通りだが、私たちの喜びを損なうほどではなかった。私は独裁には反対で、幾度も署名をおこなっていた。ブラジルという国が歴史上難しい局面を迎えているのはわかっていたが、私たちはワールドカップに集中した。そして私やほとんどのチームメイトにとって、そのときは栄光の瞬間であり、キャリアの頂点でもあった。

 帰国した当初は、軍事政権に祝ってもらうためにブラジリア(首都)に行くのは嫌だと考えていた。しかしそう思っているのは私だけだという現実があり、譲歩せざるを得なかった。人々の心のなかでは、スポーツと政治はまったく別のものであるという思いがあり、私もそれを認める以外にはなかった。

――ふたりとも今日はどうもありがとうございました。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
アレッサンドロ・マッツォーラ
トスタン
ペレ
ジャイルジーニョ
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ