フランス・フットボール通信BACK NUMBER

史上最高のワールドカップはどの回だ?
後編・イタリアは砕け散るだろう。 

text by

エリック・フロジオ&ヴァレンティン・パウルッツィ

エリック・フロジオ&ヴァレンティン・パウルッツィEric Frosio et Valentin Pauluzzi

PROFILE

photograph byL'Equipe

posted2020/06/30 11:45

史上最高のワールドカップはどの回だ?後編・イタリアは砕け散るだろう。<Number Web> photograph by L'Equipe

父と同じサッカー選手としての道を進んだアレッサンドロ・マッツォーラ。イタリア代表としてメキシコW杯決勝ではブラジルとぶつかった。

ブラジル史上最強チームと称えられ。

――それでは史上最も素晴らしいワールドカップに参加したという思いはありますか?

T:勝者であるわれわれにとっては、もちろん歴史上最も素晴らしい大会だ(笑)。イタリアを相手にあのスコア(4対1)で勝ったんだ。多くの人々がブラジル史上最強チームと讃えてくれた。そうした称賛は、私たちにとって光栄だった。

 私たちのチームは個人の輝きと、集団のスペクタクルの両方を兼ね備えていた。ブラジルの人々は、これだけのチームなら監督はいらないとまで言っていた。それは言い過ぎにしても……、私が今も思うのは、あのブラジル代表が革命的なチームであったこと――強固でコンパクトな守備と、カウンターアタックまで仕掛けることのできるチームであったことだ。そして戴冠するために、徹底的にフィジカルを鍛えぬいた。すべての要素がうまく結合したんだ。

史上最も素晴らしいW杯に参加した。

M:つい最近、当時のチームメイトたちと会ったときに誰もがこう言った。

「私たちは史上最も素晴らしいワールドカップに参加した」と。

 たしかに主役が際立った大会ではあったが、それだけでもなかった。私たちはバルカレッジに隠れて多くの試合のビデオを見た。彼は選手がビデオを見ることをよく思ってはいなかったが、私たちは様々なチームがレベルを上げ進化していることに素直に驚いた。

 特に記憶に残っているのは西ドイツとイングランドの準々決勝だ(延長の末、3対2で西ドイツの勝利)。本当に凄い試合だった。他にもソビエト連邦やベルギー、スウェーデンも印象に残っている。

――帰国はどんな感じでしたか?

M:飛行機が着陸したとき、多くの群衆が空港に詰めかけているのがわかった。私たちはサポーターが祝福のために集まったのだと思った。だが、警官の警備のものものしさを見て、そうではないことにがすぐにわかった。彼らは私たちを罵倒するために集まったのだった。

 イタリアは、1938年以来ワールドカップで決勝に進んだことはなかった。なのにそんなことになるのは、イタリア人が他と少し違うんだというのがわかるだろう。

【次ページ】栄光の瞬間、キャリアの頂点。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
アレッサンドロ・マッツォーラ
トスタン
ペレ
ジャイルジーニョ
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ